コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサソテツ

百科事典マイペディアの解説

クサソテツ

コゴミとも。おもに北海道,本州中部以北の温〜亜寒帯の林の下などにはえるメシダ科の夏緑性シダ。茎は短く,地中に直立し,細長い地下枝を四方にのばす。葉は集まって出て高さ1m以上になり,倒披針形羽状複葉で,下部の裂片は小さい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クサソテツ【ostrich fern】

山地の明るい草原や川岸・湿地に群生するメシダ科のシダ(イラスト)。ソテツのような印象を与えるところから和名がつけられた。ガンソクコゴミともいう。食用・観賞用として用いられる。根茎は直立し,葉を輪状叢生(そうせい)する。匍匐枝(ほふくし)を出して繁殖し,群落をつくる。葉柄の基部はくちばし状で,鱗片をつける。葉は著しい2形を示す。栄養葉は1mに達し,倒披針形で下部の羽片は次第に小さくなる。1回羽片複葉で,羽片は深く切れ込む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサソテツ
くさそてつ / 草蘇鉄
[学]Matteuccia struthiopteris Todaro

オシダ科の夏緑性シダ。ガンソク、コゴミの別称がある。直立する短い根茎から葉を束生する。葉には栄養葉、胞子葉の2型があり、栄養葉は高さ1メートル、倒披針(とうひしん)形で上部が幅広い。2回羽状に分裂し、鮮緑色の薄い草質。羽片は狭披針形で羽状に深裂し、下部羽片は耳状に縮小する。胞子葉は栄養葉よりも低く、高さ60センチメートル。羽片は線形で浅く裂け、裏側に巻いて胞子嚢(ほうしのう)群を包む。クサソテツは根茎から地下枝を分枝し、その先端から新株を出すので群生するのが普通で、分布は、日本各地の林中。葉形がソテツに似ているのが名のおこりである。若葉をゆでて、おひたしにし、また漬物にして食べる。別称のコゴミのミは食用を意味し、ガンソクは葉柄基部の束生状態をガンの足に見立てたものである。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クサソテツの関連キーワード県内林産物の出荷制限その他の身近な山野草シダ植物匍匐茎こごみ西田実葉雁足