コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセ

1件 の用語解説(クセの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クセ

能の構成単元。一曲の核となる重要な部分。先行芸能の曲舞(くせまい)を観阿弥が能にとり入れたものとされる。地謡と大鼓,小鼓との,リズムの微妙さにねらいがある。シテが立って舞う舞グセ,シテがすわったままの居グセの別がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

クセの関連キーワード単量体血髄骨子作業単元主部真の次第大則中枢腸胃トップニュース

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クセの関連情報