コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クック海峡 クックかいきょう Cook Strait

5件 の用語解説(クック海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クック海峡
クックかいきょう
Cook Strait

ニュージーランド,ノース島サウス島との間にある海峡。幅 23~45km。 1770年 J.クックが通過して海峡の存在を確認。ノース島側では山地が海に迫り,サウス島側には多くの島 (マルボロ諸島) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クック‐かいきょう〔‐カイケフ〕【クック海峡】

Cook Strait》ニュージーランドの北島と南島を分け、南太平洋とタスマン海をつなぐ海峡。最狭部の幅は約23キロメートル。北島の首都ウェリントンと南島のピクトンの間が定期航路結ばれる。1642年にタスマンが初めて訪れたが、湾と誤認。1770年にクックが通過し海峡であると確認された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クック海峡【クックかいきょう】

ニュージーランド北島と南島との間の海峡。最狭部の幅約23km。タスマン海太平洋を結ぶ航路。海峡に面して首都ウェリントンがある。1770年J.クックが到来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クックかいきょう【クック海峡 Cook Strait】

ニュージーランドの北島と南島との間にあり,南太平洋とタスマン海とを結ぶ海峡。最小幅23km,平均水深128m。1642年タスマンが来航,湾と判断したが,1770年にJ.クックが通過して海峡であることを確認した。連絡船,電信電話線,高圧送電線がこの海峡を越え南北両島を結んでいる。強風と潮流のため海難が多く,最近では1968年に連絡船が遭難して多数の犠牲者を出した。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クック海峡
くっくかいきょう
Cook Strait

ニュージーランドの北島と南島を分ける海峡。名称は、1770年のJ・クックの航行に起因するが、マオリ語ではラウカワRaukawaとよばれた。最狭部は幅約23キロメートルで、中央部にはテラフィティ・リップTerawhiti Ripとよばれる速い潮の流れがある。南島側にはリアス式海岸が発達し、夏は避暑地としてにぎわう。北東のウェリントンと南島のピクトンとの間に定期航路がある。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クック海峡の関連キーワードニュージーランドニュージーランド亜区ニュージーランド海驢モツタプ島とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ニュージーランド学会ニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クック海峡の関連情報