コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クック海峡 クックかいきょうCook Strait

5件 の用語解説(クック海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クック海峡
クックかいきょう
Cook Strait

ニュージーランド,ノース島サウス島との間にある海峡。幅 23~45km。 1770年 J.クックが通過して海峡の存在を確認。ノース島側では山地が海に迫り,サウス島側には多くの島 (マルボロ諸島) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クック‐かいきょう〔‐カイケフ〕【クック海峡】

Cook Strait》ニュージーランドの北島と南島を分け、南太平洋とタスマン海をつなぐ海峡。最狭部の幅は約23キロメートル。北島の首都ウェリントンと南島のピクトンの間が定期航路結ばれる。1642年にタスマンが初めて訪れたが、湾と誤認。1770年にクックが通過し海峡であると確認された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クック海峡【クックかいきょう】

ニュージーランド北島と南島との間の海峡。最狭部の幅約23km。タスマン海太平洋を結ぶ航路。海峡に面して首都ウェリントンがある。1770年J.クックが到来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クックかいきょう【クック海峡 Cook Strait】

ニュージーランドの北島と南島との間にあり,南太平洋とタスマン海とを結ぶ海峡。最小幅23km,平均水深128m。1642年タスマンが来航,湾と判断したが,1770年にJ.クックが通過して海峡であることを確認した。連絡船,電信電話線,高圧送電線がこの海峡を越え南北両島を結んでいる。強風と潮流のため海難が多く,最近では1968年に連絡船が遭難して多数の犠牲者を出した。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クック海峡
くっくかいきょう
Cook Strait

ニュージーランドの北島と南島を分ける海峡。名称は、1770年のJ・クックの航行に起因するが、マオリ語ではラウカワRaukawaとよばれた。最狭部は幅約23キロメートルで、中央部にはテラフィティ・リップTerawhiti Ripとよばれる速い潮の流れがある。南島側にはリアス式海岸が発達し、夏は避暑地としてにぎわう。北東のウェリントンと南島のピクトンとの間に定期航路がある。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クック海峡の関連情報