コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビワミフウズラ Pedionomus torquatus; plains-wanderer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クビワミフウズラ
Pedionomus torquatus; plains-wanderer

チドリ目クビワミフウズラ科。1科 1属 1種。かつてはツル目に置かれていたが,遺伝子の研究などからチドリ目に移された。全長 15~19cm。雌のほうが雄よりやや大きく,羽色もやや鮮やかである。頭部は褐色,頸部は白と黒の縞模様の幅広い環があり,胸は赤褐色,腹部は黄褐色で脇には濃褐色の鱗状斑がある。背,尾,は濃褐色で,明暗の斑紋をもつ。と脚は黄褐色。オーストラリア東部と南東部の乾燥した草地や半砂漠地帯に生息し,常に草の陰に隠れるようにして暮らしているが,生息に適した環境が減少し,絶滅の危機に瀕している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クビワミフウズラ
くびわみふうずら / 頸輪三斑鶉
plains wanderercollared hemipode
[学]Pedionomus torquatus

鳥綱ツル目クビワミフウズラ科の鳥。この科Pedionomidaeはクビワミフウズラ1種だけからなる。全長は雄で15センチメートル、雌では17センチメートル。一見ミフウズラに似た鳥であるが、足指は後趾(こうし)もあり4本、解剖的な特徴もミフウズラとは異なる。背面は濃淡の小斑(しょうはん)のある褐色で、雌は黒白の首輪があり、上胸が栗(くり)色である。雄は首輪と上胸が淡色。オーストラリア南東部に分布する。内陸の乾いた草原や開けた荒れ地にすみ、ほとんど地上で生活する。食物は地上の昆虫類と種子。巣は地面のへこみにつくり、1腹4個の卵を産む。抱卵と育雛(いくすう)は雄だけでする。移住に伴う放牧と、キツネやネコなどの天敵の増加のため、近年、数が非常に少なくなっていると伝えられる。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クビワミフウズラの関連キーワードクビワミフウズラ(首輪三斑鶉)頸輪三斑鶉首輪三斑鶉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android