コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビワミフウズラ クビワミフウズラ Pedionomus torquatus; plains-wanderer

2件 の用語解説(クビワミフウズラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クビワミフウズラ
クビワミフウズラ
Pedionomus torquatus; plains-wanderer

チドリ目クビワミフウズラ科。1科 1属 1種。かつてはツル目に置かれていたが,遺伝子の研究などからチドリ目に移された。全長 15~19cm。雌のほうが雄よりやや大きく,羽色もやや鮮やかである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クビワミフウズラ
くびわみふうずら / 頸輪三斑鶉
plains wanderercollared hemipode
[学]Pedionomus torquatus

鳥綱ツル目クビワミフウズラ科の鳥。この科Pedionomidaeはクビワミフウズラ1種だけからなる。全長は雄で15センチメートル、雌では17センチメートル。一見ミフウズラに似た鳥であるが、足指は後趾(こうし)もあり4本、解剖的な特徴もミフウズラとは異なる。背面は濃淡の小斑(しょうはん)のある褐色で、雌は黒白の首輪があり、上胸が栗(くり)色である。雄は首輪と上胸が淡色。オーストラリア南東部に分布する。内陸の乾いた草原や開けた荒れ地にすみ、ほとんど地上で生活する。食物は地上の昆虫類と種子。巣は地面のへこみにつくり、1腹4個の卵を産む。抱卵と育雛(いくすう)は雄だけでする。移住に伴う放牧と、キツネやネコなどの天敵の増加のため、近年、数が非常に少なくなっていると伝えられる。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クビワミフウズラの関連キーワード白千鳥三斑鶉鶉木首輪かみふうせんクビワミフウズラ(首輪三斑鶉)ミフウズラ(三斑鶉)チドリ目ハジロミフウズラ属ミフウズラ属

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone