コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマザサ

百科事典マイペディアの解説

クマザサ

日本南西部に野生するが,ふつう社寺,庭園などに植栽されるイネ科ササ。茎は基部でまばらに分枝し,高さ0.6〜1.3m,径3〜8mm。葉は枝先に4〜7枚掌状につき,狭長楕円形で先はとがる。
→関連項目ササ(笹)チシマザサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クマザサ【Sasa veitchii (Carr.) Rehd.(=S.albo‐marginata Makino et Shibata)】

日本の庭や公園に観賞用に最もよく植えられているイネ科のササの一種。異名の辺(へり)取り(ざさ)が示すように,葉の縁が白く隈取りになるから隈笹という。熊笹ではない。またアタゴザサともいう。じょうぶで細長い地下茎があり,稈(かん)はよく茂り,やや斜上した根もとでまばらに枝分れし,上部は立ち上がり,高さは60~130cmである。タケの皮には粗い毛がある。節から通常1本の枝を出し,その先端部に5~7枚の葉をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマザサ
くまざさ / 隈笹
[学]Sasa veitchii (Carr.) Rehd.

イネ科のタケササ類。観賞用として全国各地に栽培されるが、京都府の山地には自生種がある。稈(かん)は高さ1~1.5メートル、茎の中部以下で1節から枝が1本ずつまばらに出る。稈鞘(かんしょう)(竹の皮)に、長く、粗い開出毛が密生し、葉の裏に毛がないのが特徴。葉は線状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ20~25センチメートル、幅4~5センチメートル、先は急にとがり、基部は円く、冬に縁(へり)が白く枯れて美しくくま取るので、クマザサの名がある。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クマザサの関連キーワードミヤコザサ(都笹)ウクーグルクン笹・篠・小竹愛媛県西条市三好(市)ササ(笹)香美(市)矢追 秀武青山高原宗谷丘陵仙ノ倉山知床五湖武奈ヶ嶽ますずします寿し六里ヶ原三好市高田飴斑入り焼刃笹

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマザサの関連情報