コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマザサ

3件 の用語解説(クマザサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クマザサ

日本南西部に野生するが,ふつう社寺,庭園などに植栽されるイネ科のササ。茎は基部でまばらに分枝し,高さ0.6〜1.3m,径3〜8mm。葉は枝先に4〜7枚掌状につき,狭長楕円形で先はとがる。
→関連項目ササ(笹)チシマザサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クマザサ【Sasa veitchii (Carr.) Rehd.(=S.albo‐marginata Makino et Shibata)】

日本の庭や公園に観賞用に最もよく植えられているイネ科のササの一種。異名の辺(へり)取り笹(ざさ)が示すように,葉の縁が白く隈取りになるから隈笹という。熊笹ではない。またアタゴザサともいう。じょうぶで細長い地下茎があり,稈(かん)はよく茂り,やや斜上した根もとでまばらに枝分れし,上部は立ち上がり,高さは60~130cmである。タケの皮には粗い毛がある。節から通常1本の枝を出し,その先端部に5~7枚の葉をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマザサ
くまざさ / 隈笹
[学]Sasa veitchii (Carr.) Rehd.

イネ科のタケササ類。観賞用として全国各地に栽培されるが、京都府の山地には自生種がある。稈(かん)は高さ1~1.5メートル、茎の中部以下で1節から枝が1本ずつまばらに出る。稈鞘(かんしょう)(竹の皮)に、長く、粗い開出毛が密生し、葉の裏に毛がないのが特徴。葉は線状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ20~25センチメートル、幅4~5センチメートル、先は急にとがり、基部は円く、冬に縁(へり)が白く枯れて美しくくま取るので、クマザサの名がある。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマザサの関連キーワード植木花卉公園最後に笑う者が最もよく笑う土佐水木庭藤ベント芝雪柳灯台躑躅比翼檜葉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマザサの関連情報