クマバチ(熊蜂)(読み)クマバチ(英語表記)Xylocopa appendiculata

世界大百科事典 第2版の解説

クマバチ【クマバチ(熊蜂) Xylocopa appendiculata】

膜翅目ミツバチ科の昆虫(イラスト)。ハナバチの1種。俗称クマンバチ。体長約22mmで,体は黒色,頭部に黄紋がある。胸部背,側面に黄色のを,ほかには黒色の毛をよそう。マルハナバチに似るが毛は少なく,体はいくぶん扁平。大型で刺針があるため恐れられるが,攻撃性はなくつかまないかぎり刺さない。日本固有種で,本州,四国,九州,対馬屋久島に分布する。クマバチ属は世界に広く分布するが,ほとんどの種は熱帯と亜熱帯に生息する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android