コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライバー Kleiber, Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライバー
Kleiber, Erich

[生]1890.8.5. ウィーン
[没]1956.1.27. チューリヒ
オーストリア生れの指揮者プラハで学び,1912~22年ドイツ各地の歌劇場を指揮,23年ベルリン国立歌劇場の音楽監督となる。 35年ナチスの政策に反対して辞任,ドイツを去り,アルゼンチンの市民権を得る。 54~55年再びベルリン・オペラを指揮。古典から現代まで広いレパートリーをもち,作曲家の意図に忠実なことで知られた。

クライバー
Kleiber, Carlos

[生]1930.7.3. ドイツ,ベルリン
[没]2004.7.13. スロベニア,リュブリャナ
指揮者。20世紀後半を代表する巨匠。名指揮者エーリヒ・クライバーの息子。第2次世界大戦中に一家でアルゼンチンに移住,戦後の 1952年に家族とヨーロッパに戻り,のちオーストリアに国籍を移す。スイス連邦工科大学で化学を学んだのち指揮者に転向。1954年ポツダムの劇場でオペレッタを指揮してヨーロッパ・デビューを果たす。チューリヒ歌劇場などの指揮者を歴任し,1960年代前半から頭角を現す。1968年にバイエルン州立歌劇場の指揮者となり,その後,ウィーン国立歌劇場,コベントガーデン王立歌劇場,バイロイト音楽祭(→バイロイト祝祭劇場),スカラ座にデビュー。シカゴ交響楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などに客演した。並はずれた完璧主義者で,みずから共感するごく少数のレパートリーしか指揮をしなかった。1999年イタリアでのバイエルン放送交響楽団の指揮が最後の演奏会となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クライバー

指揮者。ドイツの大指揮者エーリヒ・クライバーの息子としてベルリンに生まれる。ナチスを嫌った父とともに幼年期にドイツを離れ,ブエノス・アイレスで成長。名前をカールからカルロスに改める。
→関連項目ウォツェック近衛秀麿ベルク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

クライバーの関連キーワードクライバー(Carlos Kleiber)チャイコフスキー国際コンクールクリスティアン ツァハリアスクリスティーナ オルティーズベルリン国立歌劇場管弦楽団ルドルフ ブッフビンダーアレクサンドル トラーゼアンドール フォルデシュアレクサンドル コブリンウォルター ヘンドルカルロス クライバーエーリヒ クライバーバン クライバーンバン・クライバーン光エレクトロニクスザルツブルク音楽祭ロシア国立交響楽団ロイズ保険証券ラドゥ ルプークライバーン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クライバーの関連情報