クラウド・コンピューティング(読み)クラウド コンピューティング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットを利用したサービスの利用形態を表す。インターネット上のさまざまなハードウェアやソフトウェアの資源をクラウド)として捉えて、ユーザーはそうしたサーバー群の存在を意識することなく、さまざまな処理をサービスとして利用する。クラウド・コンピューティングでは、クライアントは、インターネットへの接続機能やWebブラウザーなど最低限の環境を用意するだけで、電子メールやグループウェア、業務システムといったさまざまなサービスが利用できる。実際の処理は、サービスを提供する事業者(ASP)側のサーバーで実行・管理される。ユーザーは、利用したサービスの料金を支払う。自社サーバーの管理や、個々のクライアントパソコンへのソフトウェアのインストールなどの手間がかからず、ハードウェアとソフトウェアをまるごとアウトソーシングできるのがメリット。ソフトウェアをサービスとして提供するSaaS、ソフトウェアを構築する環境ごと提供するPaaSなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

パソコンやスマートフォンなどでインターネット上のサービスを利用し、サービス提供者が用意したホストコンピュータやストレージにデータの処理や保存を任せる使い方のことです。インターネットを形や大きさが定まらない「雲(クラウド)」に例え、サービスが「雨」のようにふりそそぐと表現されたことからこの名で呼ばれるようになりました。サービスを利用するのにネット接続が必須となりますが、手元の機器の性能が低くても、いろいろなことができるメリットがあります。
⇨ウェブアプリケーション、共有

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クラウドは英語で「雲」で、インターネット上に漂う膨大な情報、ひいてはインターネットそのものを表す。クラウド・コンピューティングはネットにつながった、多くの高性能コンピューターの中にあるソフトや情報を、手元のパソコンで使える仕組み。情報を外部に委ねるため安全対策は欠かせない。

(2012-06-06 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラウド・コンピューティングの関連情報