コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリステンセン Christensen, Jens Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリステンセン
Christensen, Jens Christian

[生]1856
[没]1930
デンマークの政治家。自由党左派の国会議員。 J.ドウンツェル内閣の閣僚をつとめ,1903年同内閣が税制改革を断行した2年後首相に就任した。

クリステンセン
Christensen, Willam

[生]1902.8.27. ユタ,ブリガムシティー
[没]2001.10.14. ユタ,ソルトレークシティー
アメリカの舞踊家,振付師。本名 William Farr Christensen。 M.フォーキンらに学ぶ。弟のハロルド (→クリステンセン ) ,ルー (→クリステンセン ) とともに軽喜劇などをアメリカ各地で巡演したのち,1937年サンフランシスコ・オペラ座に参加 (1938~58年振付師) ,同時にサンフランシスコ・バレエ団を組織。 51年ユタ大学の舞踊教師になりユタ・バレエ団 (のちにバレエ・ウェストと改称) を結成した。

クリステンセン
Kristensen, Tom

[生]1893.8.4. ロンドン
[没]1974
デンマークの詩人,小説家,評論家。 E.ベンネリケらとともに第1次世界大戦後の「出発点から挫折した詩人」の代表者。大胆な実験的詩風で,新しい世代の指導者として立った。詩集に『海賊の夢』 Fribytterdrømme (1920) ,『奇跡』 Mirakler (22) ,『くじゃくの羽』 Påfuglefjeren (22) など。小説『荒廃』 Hærværk (30) はこの時代の最も鋭い報告とみられ,すでに古典の地位を獲得している。シラー,D.H.ロレンスドライサーレマルクの翻訳もある。

クリステンセン
Christensen, Inger

[生]1935.1.16. バイレ
[没]2009.1.2. コペンハーゲン
デンマークの詩人。洗練された作風でことばと想像と現実の融合を探求した。デンマークのユラン半島沿岸部で仕立屋の娘として生まれ,1954年にバイレギムナジウムを卒業後,オールフスの教育大学に進む。在学中から詩を発表し始め,詩人で批評家のパオロ・バウムに師事(バウムとは 1959年に結婚,1976年離婚)。1963~64年にホルベクの芸術大学で教壇に立ったのちは執筆活動に専念。初期の詩集に『光』Lys(1962)と『草』Grœs(1963)がある。長編詩『それ』Det(1969)で国際的な評価を得た。『アルファベット』Alfabet(1981)ではフィボナッチの数列を詩の形式に用いた。最後の詩集『蝶の谷』Sommerfugledalen(1991)は死と変容をテーマにしたソネットの連作。小説や随筆,児童文学,ラジオドラマの台本なども手がけ,その作品は多くの言語に翻訳された。

クリステンセン
Christensen, Harold

[生]1904.12.25. ユタ
[没]1989.2.20. カリフォルニア
アメリカの舞踊家,振付師。 W.クリステンセンの弟。 G.バランシンに学び,バレエ・キャラバンなどで踊ったのち,1941年からサンフランシスコ・バレエ団に参加。 46~75年同団の学校長をつとめた。

クリステンセン
Christensen, Lew

[生]1909.5.6. ユタ
[没]1984.10.9. カリフォルニア
アメリカの舞踊家,振付師。 W.クリステンセン,H.クリステンセンの弟。アメリカン・バレエ・スクールに学び,バレエ・キャラバン,バレエ・ソサエティなどで踊った。振付師としても『コン・アモーレ』 (1953) など 50余の作品がある。 1952年からサンフランシスコ・バレエ団の監督として活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリステンセン
くりすてんせん
Thorkil Kristensen
(1899―1989)

デンマークの経済学者、政治家。1927年コペンハーゲン大学卒業、1936~1938年母校講師、1938~1945年オーフス大学教授、1947~1960年コペンハーゲン商科大学教授。1945年から左翼党の国会議員。1945~1947年、1950~1953年蔵相。保守人民党との協力体制を批判するとともに、減税実施を主張し、党内対立を深める。1960年脱党し政界から引退、同党分裂の端緒となる。1960~1961年EEC(ヨーロッパ経済共同体)、1961~1969年OECD(経済協力開発機構)の事務総長をそれぞれ務める。自国から第三世界に及ぶ経済問題に関する著書多数。[大島美穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリステンセンの関連キーワードスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐マウンテン・ウォーズ ホライズン高校物語イノベーションのジレンマリバース・イノベーションル・マン24時間レーススティーブン グールドプリンス・ハラルド海岸ロサンゼルス・バレエ団カーリング クローグパウル ケヤホルムファーレンハイト007慰めの報酬スロープスタイルノルウェー文学デンマーク文学ザ・レジェンドイノベーションロリシフェラデービス基地

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリステンセンの関連情報