コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クループスカヤ クループスカヤ Nadezhda Konstantinovna Krupskaya

5件 の用語解説(クループスカヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クループスカヤ(Nadezhda Konstantinovna Krupskaya)

[1869~1939]ソ連の政治家・教育家。レーニンの妻。亡命生活ののち、1917年帰国。社会主義教育理論の確立、ピオネール運動の創始などに貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クループスカヤ

ソ連の教育家。レーニンの妻。革命運動に参加し,流刑中に結婚。亡命中に《国民教育民主主義》を著し,教育史のマルクス主義的研究に先鞭をつけ,労働教育の意義を追究した。
→関連項目総合技術教育

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クループスカヤ【Nadezhda Konstantinovna Krupskaya】

1869‐1939
ソ連の教育学者,ピオネール運動の組織者。レーニンの妻で,ロシア革命前から共産党員として活躍。ペテルブルグで生まれ,女学校を卒業後,労働者の日曜学校で教育活動に従事し,1890年代の初めから革命運動に参加した。96年に逮捕され,レーニンとともにシベリアで流刑に服したが(1898年結婚),その後,海外亡命生活中にヨーロッパの古典的教育思想を研究し,《国民教育と民主主義》(1915)を書きあげた。この本は,マルクス主義の観点で書かれた最初の教育学書ともいわれ,労働と教育との結合を基礎とする人間の全面発達の可能性とその歴史的必然性とを追求している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クループスカヤ【Nadezhda Konstantinovna Krupskaya】

1869~1939) ソ連の教育者。レーニンの夫人。マルクス主義の方法論を教育学に導入。また、ピオネール運動の生みの親として知られる。著「国民教育と民主教育」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クループスカヤ
くるーぷすかや
Надежда Константиновна Крупская Nadezhda Konstantinovna Krupskaya
(1869―1939)

ロシアの革命家、教育学者。レーニン夫人。ペテルブルグで軍人の家庭に生まれる。1890年からマルクス主義学生サークルに参加、翌1891年から労働者夜間日曜学校で教え、やがて労働者階級解放闘争同盟の組織者の一人として活動し、その間にレーニンと知り合う。1898年にレーニンの流刑地、シベリアのシュシェンスコエ村に行き、結婚。1901年、レーニンの刑期終了後に彼とともにヨーロッパに亡命、1905年から1907年にかけての第一次ロシア革命期に国内で活動したのを除いて、1917年まで亡命地にあってレーニンのよき協力者であり、その活動を支えた。1915年に「国民教育と民主主義」を完成(1917年出版)するなど、マルクス主義教育理論家としても活躍した。1917年4月にレーニンとともに革命ロシアに帰り、十月革命後は教育人民委員部の重要メンバーとして、ルナチャルスキーポクロフスキーらとともにソビエト教育政策の基礎を築いた。とくに、生産労働との結合を通して人間の全面的発達を目ざす総合技術教育を新しい学校教育のあり方として位置づけ、また子供の集団主義的育成を目ざすピオネール組織の運動を指導するなど、社会主義建設と結び付いた教育の理論化と実践に大きな足跡を残した。レーニンが発作に倒れたのちは彼の看護婦であるとともに最良の理解者として夫を助けた。彼の晩年から死後にかけて、実力を握りつつあったスターリンと対立した時期もあった。著作に『教育論集』全10巻、『レーニンの思い出』などがある。[原 暉之]
『矢川徳光他訳『クルプスカヤ選集』全11巻(1976~1978・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクループスカヤの言及

【総合技術教育】より

…この思想の萌芽は,〈農夫のように働き哲学者のように思索する〉人間を理想としたJ.J.ルソーの《エミール》(1762)や,工場労働と教育の結合を試みたR.オーエンなどにもみられたが,マルクスは,機械制大工業の発展の本性が人間の全面的発達を不可避とするととらえ,今後の教育は知育,徳育,体育,総合技術教育で構成されねばならないとした。この総合技術教育の思想は,レーニン,N.K.クループスカヤによって詳細に研究され,ソ連をはじめとする社会主義国で実際化された。現代の総合技術教育は,社会主義生産の科学的原理を学ばせ,労働用具や機械を扱う習慣を習得させ,現代の技術と技術学に通暁する能力を形成させることを目的とするとされてきた。…

※「クループスカヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クループスカヤの関連キーワードピオネールマカレンコモイマン比較教育学実験教育学五十嵐顕小川利夫長尾十三二細谷俊夫堀尾輝久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone