クロムイェロー(英語表記)chrome yellow

世界大百科事典 第2版の解説

クロムイェロー【chrome yellow】

黄鉛ともいわれる黄色無機顔料。主成分がクロム酸鉛PbCrO4であるクロムイェローGのほか,クロム酸鉛と硫酸鉛PbSO4を主成分とする緑色調のクロムイェロー10G,5G,クロム酸鉛と酸化鉛(II)PbOとが結合した塩基性クロム酸鉛を主成分とする橙色調のクロムイェローR,5Rなどもある。製法は一般的には湿式法が用いられ,金属鉛,酸化鉛(II)に硝酸を反応させ硝酸鉛をつくり,これに二クロム酸ナトリウムを加えてクロム酸鉛の結晶を得,顔料化して製品とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロムイェローの言及

【クロム酸鉛】より

…硝酸鉛または酢酸鉛の水溶液にクロム酸塩水溶液を加えると沈殿する。黄鉛あるいはクロムイェローと称して黄色顔料として広く用いられる。クロムイェロー【中原 勝儼】。…

※「クロムイェロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android