クロード(英語表記)Claude, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロード
Claude, Georges

[生]1870.9.24. パリ
[没]1960.5.23. サンクルー
フランスの化学者,技術者。 1897年アセチレンガスをアセトンに溶かすことによって安全に輸送できることを発見,アセチレン工業の発展に多大の寄与をなしたほか,液体空気の量産法 (1902) ,鉄精錬への液体酸素の利用 (10) ,さらにネオンランプケイ光ランプの原理の発見による照明技術の変革 (10~30) ,アンモニア合成法 (17) など,その業績は多岐にわたる。その他底と海面の温度差を利用した発電の実験なども手がけている。第2次世界大戦中ビシー政府を支持し,ドイツに協力したという理由で,戦後罪に問われ,5年間投獄された。

クロード
Claude, Albert

[生]1898.8.24. ベルギー,ロングリエ
[没]1983.5.22. ベルギー,ブリュッセル
アメリカの細胞学者。アメリカ人の両親のもとにベルギーで生れる。 1928年リエージュ大学を卒業。その後アメリカに渡り,ロックフェラー研究所 (現ロックフェラー大学) に学び,49年から 72年までロックフェラー大学教授。その間ブリュッセル自由大学教授 (1949~69) ,ジュール・ボルデ研究所所長 (48~71) もつとめる。ロックフェラー研究所でニワトリの腫瘍からラウス肉腫ウイルス (→ラウス ) を分離するため,遠心分離法を用い,通常の細胞でも内部の構造物の分離を可能にした。この方法で細胞内の小胞体を発見,ミトコンドリアの機能を解明した。 1942年に生化学分野で初めて電子顕微鏡で細胞を観察。生体細胞の構造物の分離と分析の基本手法を確立した。 74年,C.R.ド・デューブ,G.E.パラーディとともにノーベル生理学・医学賞受賞。 1941年にアメリカの市民権を取得,49年にはベルギーに戻り,2ヵ国の市民権を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロード【Georges Claude】

1870‐1960
フランスの工業化学者。パリの生れ。1897年アセチレンをアセトンに溶かして安全に貯蔵できることを発見し,アセチレン工業の進歩を促した。1902年クロード式液体空気の製法を考案した後,希ガスの工業的分離法,電球への利用などを考案。10年希ガス中で放電すると発光する現象を発見し,ネオン管による電磁波の検出,さらにはネオンサイン蛍光灯の基礎となる研究を行った。17年F.ハーバーとは別にクロード法として有名なアンモニア合成法を発明し,24年以来日本にも数社に技術導入され,化学工業の発展に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

クロード
クロード
Claude, Georges

フランスの工業化学者.1889年市立物理化学学校を卒業.1900~1905年,C.P.G.von Linde(リンデ)とは異なる原理の断熱膨張の方法により,空気の液化に成功した.これは膨張機関を用いて断熱下で外界に対して仕事をさせるもので,低温のピストン潤滑方法に難点があるが,のちにピストンとシリンダーの間に空げきを残したまま高速度でピストン運動をさせる方法に改良され,ヘリウムの液化に用いられた.また,1902年ごろにネオン封入管の放電によるランプを開発し,1910年には最初のネオンランプがパリで公開され,1923年にはかれのクロード・ネオン社によるネオンサインがアメリカに登場した.1924年,フランス科学アカデミー会員となった.第二次世界大戦中にドイツ軍に協力したとして,戦後,逮捕され裁判で有罪となり終身刑となり,アカデミーを除名になったが,友人の尽力によって獄からは4年半で釈放された.その後は,海洋のエネルギーの利用の研究をした.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロードの言及

【照明】より

…一方,放電灯のほうは1808年のH.デービーのアーク灯の公開実験以後,70年に発電機が発明されるまでは大きな進歩はなかったが,発電機の出現によって放電灯も盛んに研究されるようになった。実用的な放電灯の最初はフランスのクロードGeorges Claude(1870‐1960)がパリのグラン・パレに点じたネオンサインである(1918)。その後1930年代初頭にナトリウム放電灯や高圧水銀灯が次々と実用化され,現在ではさまざまな放電灯が屋内外に採用されている。…

【照明】より

…一方,放電灯のほうは1808年のH.デービーのアーク灯の公開実験以後,70年に発電機が発明されるまでは大きな進歩はなかったが,発電機の出現によって放電灯も盛んに研究されるようになった。実用的な放電灯の最初はフランスのクロードGeorges Claude(1870‐1960)がパリのグラン・パレに点じたネオンサインである(1918)。その後1930年代初頭にナトリウム放電灯や高圧水銀灯が次々と実用化され,現在ではさまざまな放電灯が屋内外に採用されている。…

※「クロード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロードの関連情報