コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クー・クラックス・クラン Ku Klux Klan

翻訳|Ku Klux Klan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クー・クラックス・クラン
Ku Klux Klan

アメリカ合衆国の,テロリズムを通じて白人至上主義を実現しようとした二つの団体。一つ目は南北戦争直後に結成され,二つ目は 1915年に組織された。略称 KKK。キュー・クラックス・クランとも呼ばれる。19世紀の KKKは元南軍兵士の社交団体として 1866年テネシー州で結成された。組織名は,サークルを意味するギリシア語のキュクロスに由来すると思われる。まもなく,再建法に不満をもつ白人の地下抵抗運動の団体となり,1867年に旧南部全体の組織に発展。構成員は迷信深い黒人をおびえさせるため白装束に身を包み,夜間に解放奴隷や白人支援者を襲って暴行,殺害した。連邦議会は 1870,1871年に相次いで KKKに対抗する法を定めたが,南部で白人による支配を回復するという KKKの所期の目的はほぼ達成され,活動は 1870年代に収まった。
20世紀の KKKは 1915年にジョージア州で組織された。ロシア革命や急増する新移民を脅威とみる白人プロテスタントの反発を代弁し,1920年代には 400万人以上の構成員を擁した。十字架を燃やす行為は KKKの象徴となり,カトリック教徒,ユダヤ人,外国人なども敵対的存在に位置づけられた。その後大不況の際に構成員が激減,1944年に一時解散したが,1960年代の公民権運動の際に南部で復活し,爆破・銃撃事件を繰り返した。しかし南部でも民族融和が進むと KKKは孤立し,20世紀末には数千人に減少,さらに分裂を繰り返し,一部はネオ・ナチズムや極右組織に合流していった。(→アフリカ系アメリカ人

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クー・クラックス・クラン

略称KKK。米国のテネシー州で南北戦争後の1865年に創設され,〈白人による支配の復活〉を標榜して南部諸州に広がった秘密結社。白い頭巾とガウンを身にまとい,黒人や黒人支持の白人に対し集団でリンチを加えた。
→関連項目秘密結社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クー・クラックス・クラン
くーくらっくすくらん
Ku Klux Klan

アメリカ合衆国の人種差別主義的秘密組織。KKK(ケーケーケー)と略称される。南北戦争(1861~65)後、共和党急進派主導の南部民主化に抵抗するため、特権を奪われた旧奴隷主が白人大衆を扇動して組織した暴力的秘密結社の一つ。白いガウンと覆面を着け、十字架を燃やす黒人脅迫の儀式は有名。民主党がこれを利用したため、全南部に一挙に広がり、数千の人々を殺害し、傷つけた。彼らの暴力的な選挙介入に助けられ、民主党は次々と勝利、彼らの暴力を取り締まるための連邦法ができた1870年ごろには、クランはすでにその目的を達成し、形式的には消滅する。しかし、黒人に対する暴力的脅迫は日常的社会現象として、その後むしろ強まりさえした。そして、第二次クー・クラックス・クランが第一次世界大戦中に組織され、戦後の社会不安の波にのって急成長した。一時は200万の会員を擁し多数の上院議員、知事らの政治家が公然とクランを名のった。第二次クランは、黒人ばかりか、カトリック系移民、ユダヤ人、東洋人を攻撃し、伝統的価値観を守ると称して全国の中小都市に勢力を拡大した。大恐慌期には、反共、反ニューディールを強調、ナチスと協力したが、戦後支持を失い、一時消滅した。第三次クランは、1960年代公民権運動の最中に再建され、数多くのテロ事件を起こした。一時はFBIの取締りにより活動は抑制されたが、70年代後半以後ふたたび息を吹き返し、活動を継続している。[上杉 忍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クー・クラックス・クランの関連キーワードナッシュビル=ダビッドソンアメリカ合衆国史(年表)ヘイトクライム黒人解放運動史ルイジアナ州イワン雷帝国民の創生フォレストセラーノブラック黒人問題私刑

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クー・クラックス・クランの関連情報