クー・クラックス・クラン(英語表記)Ku Klux Klan

翻訳|Ku Klux Klan

世界大百科事典 第2版の解説

クー・クラックス・クラン【Ku Klux Klan】

アメリカのテロリストの秘密組織。南北戦争後の再建期にテネシー州で組織され,急速に南部各地に拡大していった。クー・クラックスとはギリシア語のキュクロスkyklos(輪),クランはケルト語のクランclan(子孫)の転化語。KKKと略称される。敗戦南部は連邦軍の占領下におかれ,南部白人の旧指導者は政治から締め出され,南部政治は新しく投票権を与えられた旧黒人奴隷の票によって支えられた共和党に独占されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクー・クラックス・クランの言及

【黒人問題】より

…これによって少なくとも表面的には,黒人も白人と平等の地位を得たように見えたし,事実一時は黒人人口の多い南部各州に黒人議員が現れて,黒人の政治的進出がめざましかった。しかしその反動としてクー・クラックス・クランのような団体が生まれ,黒人に対するリンチが数多く発生した。(2)差別待遇完成時代 77年に連邦軍が南部から引き揚げて,この問題についての熱意を失うと,南部人の価値観がしだいに復活する。…

【秘密結社】より

薔薇十字団は三十年戦争の混乱のなかから出現し,テンプル騎士団は十字軍の退廃に再度秩序をもたらそうとする欲求から生まれた。マウマウ団は白人宣教師や白人植民者によって伝統的生活形態を破壊されたキクユ族の苦悩から,クー・クラックス・クランは南北戦争の敗者たるアメリカ南部から,それぞれ発生する。現在ではほぼ犯罪結社化しているマフィアもまた,本来はシチリアが近代ヨーロッパの秩序に取り込まれようとした時代の孤島固有のアルカイックな習俗の崩壊過程で,楽園回帰的衝動から生み出された結社である。…

※「クー・クラックス・クラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クー・クラックス・クランの関連情報