コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラシアン Baltasar Gracián y Morales

世界大百科事典 第2版の解説

グラシアン【Baltasar Gracián y Morales】

1601‐58
スペインの文筆家イエズス会士バレンシアアラゴン,カタルニャ各地の神学校教授を歴任,説教でも評判を得る一方,会則を無視して,長上の許可なく著作を偽名で出版しつづけ,物議をかもした。1657年に処罰されて執筆を禁じられ,脱会を希望するが入れられぬまま病没した。彼の作品は,現実社会と人間を邪悪・愚鈍とみる深いペシミズムで貫かれている。《英雄》(1637),《識者》(1646)はおのおの,卓越した人間あるいは聡明な通常人がこの腐敗した社会にうちかつにはどう対処すべきかを指南する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グラシアンの関連キーワードグラシアン・イ・モラレススペイン文学バロック文学文飾主義カダルソ1月8日奇想主義趣味

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android