グラニュー糖(読み)グラニューとう(英語表記)granulated sugar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニュー糖
グラニューとう
granulated sugar

精製した砂糖の1種。濃縮ショ糖液を煎糖工程によって粒状結晶させたもので,結晶粒子が細かく,ショ糖純度が高い。還元糖,有機非糖分,灰分をほとんど含まず,特に香気を重視するコーヒー,紅茶などの飲料類の甘味料として適当であり,テーブルシュガーなどの家庭用,製薬清涼飲料など用途が広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

グラニュー糖

 比較的大きいショ糖の結晶をざらめ糖といいその中でも小さい方に属するものをいう.純度の高いショ糖の結晶.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

グラニューとう【グラニュー糖】

精製糖の一。ざらめ糖のうち結晶の最も細かいもの。糖分は99.8パーセント以上。コーヒー・紅茶などに使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラニュー糖
ぐらにゅーとう
granulated sugar

粒状になった砂糖。ざらめ糖の一種であるが結晶は比較的小さい。上白糖のような車糖(くるまとう)類より結晶が大きく、同重量当りの砂糖の表面積が小さいため、付着不純物が少なく、純度が高い。菓子、料理、飲料用に使われる。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

グラニュー‐とう ‥タウ【グラニュー糖】

〘名〙 (グラニューはgranulated から) さらさらした細かい顆粒状の精製白砂糖。糖分九九・八パーセント以上の高級品。コーヒー・紅茶などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラニュー糖の関連情報