コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリオキサール グリオキサール glyoxal

3件 の用語解説(グリオキサールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリオキサール
グリオキサール
glyoxal

化学式 (CHO)2アセチレンを酸化して得られる。またエチレングリコールを硝酸で酸化しても得られる。黄色柱状晶。融点 15℃,沸点 51℃。アルデヒド基2個から成る。重合しやすい。放置しておくと重合するが,蒸留によって単分子に分解する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グリオキサール【glyoxal】

化学式OHC―CHO。最も簡単なジアルデヒド。融点15℃,沸点51℃(776mmHg)。結晶は黄色。エチレングリコールHOCH2CH2OHあるいはエチルアルコールCH3CH2OH,またはアセトアルデヒドCH3CHOを硝酸でおだやかに酸化すると,グリコール酸HOCH2COOH,グリオキシル酸OHCCOOHとともに生成する。工業的には,エチレングリコールを銀または銅触媒の存在下,約300℃で空気により気相酸化して製造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリオキサール
ぐりおきさーる
glyoxal

もっとも簡単なジアルデヒドであり、シュウ酸アルデヒドともよばれる。
 1865年ドイツのデブスHeinrich Debus(1824―1915)により、エタノール(エチルアルコール)を硝酸によって酸化する際に生成することが発見された。のちにエチレングリコール、アセトアルデヒドの酸化によっても生成することが知られた。黄色の結晶または液体。蒸気は緑色で燃えると紫色の炎を出す。水およびエタノール、エーテルなどの有機溶媒に溶ける。重合しやすく溶液中ではポリグリオキサールの形で存在するが、蒸留すると単量体になる。有機合成に多く利用されている。また繊維、紙の表面処理にも用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリオキサールの関連キーワードエチレンエチレングリコール酸化バナジウムベンゼン組成式アリルアルコールメチル蟻酸蓚酸グリコールアルデヒド

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリオキサールの関連情報