コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリニッジ天文台(読み)グリニッジてんもんだい(英語表記)Royal Greenwich Observatory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリニッジ天文台
グリニッジてんもんだい
Royal Greenwich Observatory

イギリスの王立天文台。 1675年グリニッジに創立。 1884年ここを通る子午線経度0°の本初子午線とされ,全世界がこれにならった。初代台長はフラムスティード。 1923年サリー県のアビンジャーに移り,第2次世界大戦後徐々にイーストサセックス県ハーストモンスーに移転,1970年代後半にはより観測に適した地を求め,スペイン領カナリア諸島のラパルマ島にラパルマ天文台を建設し,口径 2.5mの反射望遠鏡 (ニュートン記念望遠鏡) を移設。 90年代に入り,研究部門をケンブリッジ大学の一画へ移した。創立以来,位置天文学をおもな業務とし,1767~1831年『天体暦』を編集,1940年以降は『天体の位置』を刊行し,天体物理,気象,地磁気などの研究も行なってきたが,98年 10月もう1つの王立天文台であるエディンバラ天文台と統合され閉鎖された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グリニッジ‐てんもんだい【グリニッジ天文台】

英国の天文台。1675年、国王チャールズ2世によりグリニッジに設立。1884年、ここを通る子午線本初子午線とし、世界時の基準として決定した。1945年から1958年にかけてグレートブリテン島南端のハーストモンソーに移転。1990年にはさらにケンブリッジに移転し、1998年、天文台としての活動を終了。
[補説]グリニッジにある旧天文台の建物は、現在は国立海事博物館となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グリニッジ天文台【グリニッジてんもんだい】

1675年英国王チャールズ2世により天文航海術研究のためロンドン近郊グリニッジに設立された天文台。初代台長J.フラムスティード,2代台長はE.ハリー。1884年ここの大子午環が経度の原点にきめられた。ロンドンの発展により観測に支障をきたしたため,1923年磁気観測施設がサリーのアビンジャーに,残りの観測施設も1946年―1953年サセックスのハーストモンソーに移転。旧天文台には本初子午線の標柱と古典的観測器械がおかれている。
→関連項目グリニッジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリニッジ天文台の関連情報