コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置天文学 いちてんもんがくposition astronomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位置天文学
いちてんもんがく
position astronomy

天体の位置,運動などを研究する天文学。位置天文学のなかで天球上における天体視位置視運動を取扱う部分を特に球面天文学という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐てんもんがく〔ヰチ‐〕【位置天文学】

天体の位置・大きさ・運動などを研究する天文学の一部門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

位置天文学【いちてんもんがく】

天体の位置や運動を扱う天文学の一部門。天体物理学恒星天文学,宇宙論などを扱う物理的天文学に対していう。球面天文学,実地天文学天体力学,応用天文学(測地天文学,天文航法など)に細分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちてんもんがく【位置天文学 positional astronomy】

すべての学問と同様,位置天文学も天文学の他分野との間に明確な境界や定義があるわけではない。学問の進歩に伴い内容や対象も流動的に変化し,この用語も便宜上天文学のある分野を指すに過ぎない。もっとも広くいえば,天体(地球,人工衛星を含む)の位置・運動を研究する天文学の一分野ということになる。これでは漠然としすぎるので,現在どのような方面を研究するか,おもなものを述べる。(1)基本座標系の確立 天体の位置・運動の記述の基本となる宇宙に固定した座標系の軸方向を定めること。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちてんもんがく【位置天文学】

地球も含む天体の位置や運動などを研究する学問。天文学の基礎とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

位置天文学の関連キーワードスペンサー・ジョーンズウィリアム クリスティロバート アトキンソンシュレシンジャーグリニッジ天文台アウヴェルス天体望遠鏡ニューカム東京天文台宮地 政司天文定数系パリ天文台FK星表天文定数エアリーベッセル宮地政司鈴木敬信上田 穣光行差

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位置天文学の関連情報