位置天文学(読み)いちてんもんがく

精選版 日本国語大辞典「位置天文学」の解説

いち‐てんもんがく ヰチ‥【位置天文学】

〘名〙 天体におけるの位置、運動などを研究する学問。天体物理学と区別して、古典的な分野総称とすることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「位置天文学」の解説

いち‐てんもんがく〔ヰチ‐〕【位置天文学】

天体の位置・大きさ・運動などを研究する天文学の一部門。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「位置天文学」の解説

いちてんもんがく【位置天文学 positional astronomy】

すべての学問と同様,位置天文学も天文学の他分野との間に明確な境界定義があるわけではない。学問の進歩に伴い内容や対象も流動的に変化し,この用語も便宜上天文学のある分野を指すに過ぎない。もっとも広くいえば,天体(地球人工衛星を含む)の位置・運動を研究する天文学の一分野ということになる。これでは漠然としすぎるので,現在どのような方面を研究するか,おもなものを述べる。(1)基本座標系確立 天体の位置・運動の記述の基本となる宇宙に固定した座標系の軸方向を定めること。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android