コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリニャール グリニャール Grignard, (François Auguste) Victor

5件 の用語解説(グリニャールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリニャール
グリニャール
Grignard, (François Auguste) Victor

[生]1871.5.6. シェルブール
[没]1935.12.13. リヨン
フランス有機化学者。リヨン大学に入り,初め数学を志したが,L.ブーボーの影響で有機化学を専攻。ナンシー大学教授 (1910) ,リヨン大学教授 (19) 。 P.バルビエの示唆でアルキル亜鉛化合物の研究を始め,1900年に,グリニャール試薬を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グリニャール(François Auguste Victor Grignard)

[1871~1935]フランスの化学者。有機合成マグネシウムを用いる反応を研究し、グリニャール試薬を発明。1912年、P=サバティエとともにノーベル化学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グリニャール

フランスの有機化学者。シェルブール生れ。ナンシー大学教授,リヨン大学教授を歴任。マグネシウムを含む有機化合物を研究し,1901年グリニャール試薬を発表,有機合成に多大な貢献をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グリニャール【François Auguste Victor Grignard】

1871‐1935
フランスの有機化学者。シェルブール生れ。リヨン大学に学び,バルビエPhilippe Antoine Barbierの指導でヨウ化メチルマグネシウムの反応を研究し(1898),学位論文としてグリニャール試薬を発表(1901),さらに多種の有機化合物の合成にその反応を拡大し,第1次大戦中には毒ガスの研究にも従事した。ナンシー大学有機化学教授(1910)を務めた後,バルビエのあとを継いでリヨン大学教授(1919),没するまでリヨンに住んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリニャール
ぐりにゃーる
Franois Auguste Victor Grignard
(1871―1935)

フランスの化学者。シェルブールの兵器工場勤めの労働者の子として生まれる。リヨン大学に入り、初め数学を好み、化学には親しまなかった。1900年化学者のバルビエPhillipe Antoine Barbier(1848―1922)に巡り会ったことが化学者としての彼の将来を決めることになった。有機合成に亜鉛のかわりにマグネシウム金属を用いたらという師の指示が功を奏し、広範囲に有用なグリニャール試薬(臭化あるいはヨウ化アルキルエーテル溶液にマグネシウム粉を溶かしてつくった)の発見となった。ブザンソン、ナンシーなど地方大学の講師や教授を務め、1912年ノーベル化学賞を触媒研究のP・サバチエとともに受けた。1914年第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)とともに軍務に服し、毒ガスの研究に従事したが、戦後は有機化学研究に戻り、1919年リヨン大学の教授、最晩年は『有機化学大系』Trait de chimie organiqueを編集し、自ら有機化学の歴史を書いた。[都築洋次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグリニャールの言及

【化学】より

…19世紀において知られていた炭素‐炭素結合生成反応は,アルドール縮合とその類似反応ほか2,3程度であった。F.A.V.グリニャールは,1901年グリニャール反応を開発して有機金属化合物の利用による温和な条件下での炭素‐炭素結合の生成の道を開いた。ディールスOtto Paul Hermann Diels(1876‐1954)とK.アルダーの発見したディールス=アルダー反応(ジエン合成,1928)は,環式化合物を鎖式化合物から一挙に合成する強力な手段となった。…

【有機金属化合物】より

…そしてこの亜鉛化合物は有機合成にきわめて有用なことから,その後多くのアルキル亜鉛化合物がつくられているし,同じようにして69年オットーR.Ottoがアリール水銀をつくっている。しかしなんといっても有機金属化合物の歴史のなかで重要なものの一つはグリニャール試薬である。これは99年フランスのバルビエPhilippe Antoine Barbier(1848‐1922)によって初めてつくられた。…

※「グリニャール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グリニャールの関連キーワードシェルブールベルトロライヒシュタインドリュラロシェル有機マルタン・ゲール久保田勉之助ウルツゲルアルトアノール(有機化学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone