グリルパルツァー(英語表記)Grillparzer, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリルパルツァー
Grillparzer, Franz

[生]1791.1.15. ウィーン
[没]1872.1.21. ウィーン
オーストリアの劇作家。父は厳格な弁護士で,母は芸術,音楽に関してすぐれた才能をもっていたが,1809年に父が死亡,また母も宗教的妄想にとらわれて自殺。彼自身,ウィーン独特の優雅にして華麗な,しかも一抹の哀愁をたたえた,内気で繊細な性格であった。『祖先の女』 Die Ahnfrau (1817) ,『サッフォー』 Sappho (18) が出世作。しかし,風刺的喜劇『偽る者に災いあれ』 Weh dem,der lügt! (38) が宮廷および警察から圧力を受け,観客にも理解されなかったため,それ以後演劇界の表舞台を退いた。代表作は古代ギリシアに取材した3部作『金羊皮』 Das goldene Vlies (21) で,卓越した心理分析によって複雑な人間の葛藤をみごとに描いた。そのほか『海の波,恋の波』 Des Meeres und der Liebe Wellen (31) ,『リブッサ』 Libussa (72) ,『ハプスブルク家の兄弟の争い』 Ein Bruderzwist in Habsburg (72) など。散文では短編小説『哀れな音楽師』 Der arme Spielmann (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グリルパルツァー

オーストリアの劇作家。19歳のとき弁護士の父を失い苦学し,長らく官吏を務めた。ゲーテシラー古典主義を理想とし,バロック劇の伝統,ウィーンの民衆劇,当時のロマン主義の影響も受けている。悲劇《サッフォー》(1818年),三部作《金羊皮》(1821年),《海の波,恋の波》(1831年)や歴史劇《オトカル王の幸福と最期》,短編小説《ウィーンの辻音楽師》(1847年)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリルパルツァー【Franz Grillparzer】

1791‐1872
オーストリアの劇作家。ウィーンに生まれ,数回の外国旅行のほか終生ウィーンで暮らした。大学在学中に弁護士の父を失い,後年には母と末弟が自殺するなど,家庭的には不幸であった。控えめで謙虚な人柄であったが,その複雑な性格は女性に対する不幸な関係にも反映し,生涯にわたる婚約者をもちながらも独身を通した。1856年大蔵省を定年退職するまでの43年間,官吏としての生活を送った。芸術的にはゲーテとシラーの後継者として自負する彼は,健全な現実感覚によってメッテルニヒを批判したが,その政治的立場は結局保守的な域を越え出るものではなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グリルパルツァー【Franz Grillparzer】

1791~1872) オーストリアの劇作家。ドイツ古典派・ロマン派、スペインのバロックの遺産を継承発展させた。代表作「ザッフォー」「金羊毛皮」「ウィーンの辻音楽師」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリルパルツァー
ぐりるぱるつぁー
Franz Grillparzer
(1791―1872)

19世紀オーストリアの代表的劇作家。ウィーンで弁護士の子として生まれる。父の死後家庭教師をして一家を支え、やがて帝室図書館の見習いを振り出しに1856年まで官吏生活を送る。ゲーテ、シラーをはじめ、シェークスピア、ギリシア古典、スペインのカルデロン、ローペ・デ・ベーガらの文学に造詣(ぞうけい)が深い。ブルク劇場監督シュライフォーゲルに推され『祖先の女』(1817)で認められるが、この作を運命悲劇とみなされた反発からギリシア伝説に題材をとる『ザッフォー』(1818)、三部作『金羊毛皮』(1821)によって名声を確立した。しかし、メッテルニヒ体制の圧力により、イタリア紀行詩『カムポ・ウァチーノ』(1819)、歴史劇『オットカル王の幸福と最期』(1825)、『主人の忠実なる下僕』(1828)などの作品は不遇の目にあう。ほかに『海の波恋の波』(1831)、民衆劇風の『夢は人生』(1834)や『リブッサ』(1848)、『ハプスブルク家の兄弟争い』(1848)、『ユダヤの女』(1851)などの悲劇、喜劇『偽る者に禍(わざわい)あれ』(1838)など。小説では、シュティフターが短編小説の傑作と絶賛した『ウィーンの辻(つじ)音楽師』(1848)、および『ゼンドミアの僧院』(1828)がある。ベートーベンと親交があり、『ベートーベンの思い出』(1844~45)がある。[佐藤自郎]
『実吉捷郎訳『ザッフォー』(岩波文庫) ▽番匠谷英一訳『海の波恋の波』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android