グレートディバイディング山脈(読み)グレートディバイディングさんみゃく(英語表記)Great Dividing Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレートディバイディング山脈
グレートディバイディングさんみゃく
Great Dividing Range

イースタンハイランズ Eastern Highlandsあるいは大分水嶺ともいう。オーストラリア東部にある山脈。海岸線に平行して北はクイーンズランド州のヨーク岬半島の基部からニューサウスウェールズ州を経てビクトリア州のメルボルン西方約 200kmまで,3700kmにわたって連なる高地の列で,東のサンゴ海,タスマン海,北のカーペンタリア湾,南のインド洋に流出する多くの河川の分水嶺をなす。一般に花崗岩の残丘を載せた古生層の準平原が断層を伴って隆起してできたもので,新しい玄武岩質溶岩の流出もみられる。山脈の幅は約 160~480kmで,西斜面はゆるやかに大鑽井,マレー=ダーリングの各盆地に続き,東側は急傾斜のところが多い。北部は一般に幅も狭く高さも平均 600~900mと低い。南東部では平均 1200m程度で,大陸の最高峰コシウスコ山 (2230m) があり,一帯はオーストラリアアルプスと呼ばれる。そのほか 1000mをこえる山としては,アサートン台地のバートルフリア山 (1611m) ,ニューイングランド地方のラウンド山 (1615m) などがある。高原上は平らな面が広く,西斜面に農牧地が開ける。東側はアサートン台地,オーストラリアアルプスなどのように急崖や滝の景観により観光地となっているところが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グレートディバイディング‐さんみゃく【グレートディバイディング山脈】

Great Dividing Range》オーストラリア東部に連なる山脈。クイーンズランド州北東端のヨーク岬からニューサウスウェールズ州東部を南北に走り、ビクトリア州のメルボルン西側の平原に至る。最高峰はスノーウィーマウンテンズコジアスコ山ブルーマウンテンズなどの山地や丘陵が断続的に連なり、東部高地を構成する。大分水嶺(だいぶんすいれい)山脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android