ケアプラン

百科事典マイペディア「ケアプラン」の解説

ケアプラン

介護サービス計画のこと。介護が必要と認定された被保険者依頼に応じ,適切で実効性のあるサービス提供計画を作成する。対象とされる被介護者のみならず家族生活環境・心身状態などにも十分配慮して作られることが望ましい。ケアプランは介護支援事業者やケアマネジャーに作成を依頼することできるが,利用者の本人や家族が,地方自治体に届け出て作成することもできる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ケアプラン」の解説

ケアプラン
けあぷらん
care plan

介護保険制度で受けるサービスの利用計画。介護保険ではどの程度の介護の必要性があるか、重度の目安である要介護度で、受けられるサービスが決まっている。利用者の心身状態や家族状況、利用者の希望などから、どんな種類のサービスを何回、どれだけの時間、どこで受けるかという、月単位のメニューになる。利用者がつくることもできるが、通常は介護支援専門員ケアマネージャー)に依頼する。ケアマネージャーは一定資格者で都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要がある。介護福祉士、看護師などからケアマネージャーになるケースが多い。ケアプランの内容は状況の変化に応じて変更される。

 介護サービスはおもに自宅で受ける場合と、施設に入所する場合がある。自宅ではホームヘルパーが訪問し、食事や排泄(はいせつ)、入浴などの介護や、掃除、洗濯、調理などの生活援助をする。病気を患っている人を対象とした訪問看護や訪問リハビリのほか、孤立感の解消や家族の負担軽減のために施設に通ってもらい、レクリエーションや機能訓練、食事、入浴サービス等を提供するデイ・サービスなど、メニューは豊富である。また入所施設には特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの種類があるが、いずれも居住し、常時ケアが受けられる。

 介護サービス費用の9割は介護保険から支払われる(2014年8月時点)。このため、施設がケアマネージャーに命じて過剰なサービスを提供させる「お手盛り介護」や、架空サービスなどの問題が指摘されている。こうした不正請求に関係したとして、年平均10人ほどが資格を取り消されている。

[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「ケアプラン」の解説

ケアプラン

介護サービス計画」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android