コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ化木 けいかぼくpetrified wood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ化木
けいかぼく
petrified wood

地層にうずまった木の幹に,外部から水に溶けたケイ酸分(主として二酸化ケイ素)が入って材全体を蛋白石に変えたもの。堅く木目がよく保存されている。日本では中生代新生代のものが多い。白亜紀の地層から多様な裸子植物など,古第三紀から新第三紀にかけての地層でヌマスギの類,カシの類,ブナの類などが産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone