コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルゼン Kelsen, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルゼン
Kelsen, Hans

[生]1881.10.11. プラハ
[没]1973.4.19. カリフォルニア
オーストリア人で,のちアメリカに亡命した公法学者,法哲学者。オーストリア憲法を起草し (1920) ,憲法裁判所判事をつとめた (20~30) 。ナチスに追われて 1940年にアメリカに亡命するまでウィーン,ケルン,ジュネーブ,プラハ大学教授。亡命後はハーバード,カリフォルニア大学などで教鞭をとった。新カント学派の流れをくんで純粋法学を樹立し,20世紀最大の法学者の一人とされる。その純粋法学は,存在と当為を峻別する方法二元論に基づき,法理論から主観的価値判断と因果科学的方法を排除し,規範の体系として考えられた法を形式論理学的に分析したものである。なお民族学や心理学の成果を用いて,自然法論その他の社会思想のイデオロギーを批判した数々の業績も注目される。主著『国法学の主要問題』 Hauptprobleme der Staatsrechtslehre (11) ,『一般国家学』 Allgemeine Staatslehre (25) ,『純粋法学』 Reine Rechtslehre (34) ,『社会と自然』 Society and Nature (43) ,『法と国家の一般理論』 General Theory of Law and State (45) ,『国際法の諸原理』 Principles of International Law (52) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケルゼン(Hans Kelsen)

[1881~1973]オーストリアの法学者。純粋法学を主唱。20世紀の法学に大きな影響を与えた。著「一般国家学」「純粋法学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケルゼン

プラハ生れのオーストリアの法学者。ウィーン大学などの教授であったが,ユダヤ系のためにナチスに追われて米国に亡命し,1942年以降カリフォルニア大学教授。新カント派的な立場に立って法を純粋な規範としてとらえ,倫理的・政治的価値判断から分離し,純粋法学ウィーン法学派)を樹立。
→関連項目尾高朝雄国際法フェアドロス法実証主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケルゼン【Hans Kelsen】

1881‐1973
プラハ生れのオーストリアの法学者。ユダヤ系の小実業家の子に生まれ,ウィーン大学卒業後,精神的・経済的苦境にもめげずドイツの各大学に留学。1911年ウィーン大学私講師,17年同員外教授,19年同教授となった。第1次大戦後のオーストリア共和国憲法を起草し,その中で憲法裁判所制度を導入して,みずからもその判事となった。しかし,30年国内の政争を避けてドイツのケルン大学へ移り,33年ナチスの政権掌握後は,その迫害を逃れてジュネーブやプラハを転々とし,40年に渡米。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ケルゼン【Hans Kelsen】

1881~1973) オーストリアの法学者。ナチス擡頭たいとう後渡米。純粋法学を主唱。著「純粋法学」「一般国家学」など多数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のケルゼンの言及

【議会】より

…彼によれば,民主主義は議会によってではなく,国民の歓呼とアクラマチオAkklamatio(喝采)によって支持される独裁によってこそ,よりよく実現されるというのである。シュミットの反議会制論に対し,ケルゼンは,1791年フランス憲法流の議会制が民主主義と両立しないことをするどく指摘しながらも,それとは別に,民主主義によって現代議会制をあらためて基礎づけなおし,民主主義的要素をつよめることによって,議会制を改革――否定でなく――しようとし,人民投票や人民発案,政党を媒介とする議員へのコントロール,比例代表制などを,そのための有用な手段として位置づけ,議会制を否定することは,とりもなおさず民主主義を否定することになるとして,シュミット的な反議会制論に反論した。 議会制民主主義の危機は,議院内閣制の統治形態のもとで,まず,行政府を支えるべき議会多数派が安定的につくりだされなくなるために,内閣の弱体・不安定という形であらわれ,さらにまた,議会がその本来的任務である立法機能自体を円滑に果たすことができなくなって,行政府による立法(委任立法や緊急権にもとづく立法)が日常化してくる。…

【純粋法学】より

H.ケルゼンによって主張された,法を政治的・倫理的評価や社会学的関心から分離し〈純粋に〉研究しようとする法理論。純粋法学は私法と公法の区別を否定し,実定法の一般理論をめざすものである。…

【多数決】より

…こうして,討論と結びついた議会での多数決,すなわち議会制民主主議が否定されて,討論ぬきの大衆の喝采による独裁が主張され,かつ,実現した。その時期に,討論にもとづく多数決の意味をあらためて位置づけなおし,その基礎のうえに議会制民主主義の擁護を説いたのがH.ケルゼンである。彼は,比例代表制のもとで,議会に対立的な利益が反映され,それらの間に妥協・調整をおこなうためのものとして討論を位置づけ,その際,少数が多数意思形成に及ぼす影響を重視して,多数決は〈多数・少数決原理〉と呼ばれるべきだという。…

【民主主義】より

…その理論には,着目する問題の性質に応じて二つの型がある。その1は,民主主義を狭義の政治社会の組織原理として論ずるもので,たとえばワイマール共和国時代のH.ケルゼンにみられるものである。ケルゼンは《民主政治と独裁政治》(1929)の中で,民主主義とは社会における法として支配する意思の形成手続に社会成員の最大限が参加することであり,また,この意思に拘束される指導者が,そのメンバーの中から自由な競争によって選出されることであるとした。…

※「ケルゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケルゼンの関連キーワードイェリネック(Georg Jellinek)シュッツ(Alfred Schutz)ヘラー(Hermann Heller)アドラー(Max Adler)アルフレッド フォアドロスデモクラシーの本質と価値民主主義の本質と価値法哲学(学問分野)イェリネック10月11日ラートブルフ価値相対主義価値情緒説尾高 朝雄横田喜三郎清宮 四郎宮沢俊義一般法学根本規範清宮四郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケルゼンの関連情報