横田喜三郎(読み)よこたきさぶろう

  • 1896―1993
  • よこたきさぶろう〔キサブラウ〕
  • 横田喜三郎 よこた-きさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1896.8.6. 愛知
[没]1993.2.17. 東京
法学者,第3代最高裁判所長官。東京大学卒業。 1930年から 57年まで東京大学法学部教授で国際法を講じた。 H.ケルゼン純粋法学に立つ国際法学立場から,終始日本軍国主義批判を貫き,第2次世界大戦後国連憲章の集団自衛権を容認した。 60年から 66年まで最高裁判所長官。六十年安保闘争のあと,「荒れる法廷」の秩序維持対策に腐心東大ポポロ事件では「政治活動は学内においても違法」との判断を下し,学生運動の鎮静化をはかった。 75年文化功労者。 81年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際法学者。旧姓岩田。愛知県生れ。東大卒。1930年―1957年東大教授,1955年―1961年国際法学会理事長,1957年―1960年国連国際法委員会委員,1960年―1966年最高裁判所長官をつとめた。満州事変では,自衛権の範囲を逸脱するものとして軍部を批判した。第2次大戦後は連合国による占領政策を支持し,日本の民主主義化を唱えた。法学の分野では,ケルゼンの純粋法学の立場から国際法の学説を展開した。《国際法の基礎理論》《純粋法学》《国際法》など著書多数。1981年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1896-1993 昭和時代の法学者。
明治29年8月6日生まれ。昭和5年母校東京帝大の教授。国際法の観点から満州事変以降の軍部を批判。戦後の国際法学界を主導する。自衛力については違憲論から合憲論に転じた。32年国連の国際法委員会委員。35年最高裁長官。56年文化勲章。平成5年2月17日死去。96歳。愛知県出身。旧姓は岩田。著作に「国際法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1896‐1993(明治29‐平成5)
昭和期の代表的な国際法学者。ケルゼンの純粋法学をふまえ,地道な判例研究をとおして,実証的な国際法学を日本に根づかせた。満州事変は自衛権の範囲を超えるとして,軍部を批判したことで有名。岩田藤治郎の三男として愛知県に生まれた。1922年東京帝国大学卒業。24年横田改姓。30年から57年まで東京大学教授。また国際法学会理事長(1955‐61),国際連合国際法委員会委員(1957‐60),最高裁判所長官(1960‐66)も務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際法学者。明治29年8月6日愛知県江南市生まれ。1922年(大正11)東京帝国大学法学部を卒業、24年同大学助教授、30年(昭和5)教授となる。30年1月ロンドン軍縮会議に日本代表団の一員として随行。満州事変以後の軍国主義時代に国際平和主義に基づき批判的立場を守った。ウィーン学派の方法論により国際法学の基礎理論を説き、よく後進を育成し、日本における国際法学界の大御所的存在である。東京大学退官後、60~66年(昭和35~41)最高裁判所長官(第3代)の要職にあった。著書は多く、主著に『国際裁判の本質』『国際法学 上』、ほかに『国際法』『国際法の基礎理論』『自衛権』『外交関係の国際法』など。81年文化勲章受章。

[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横田喜三郎の関連情報