コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン(鹸)化価 けんかか

1件 の用語解説(ケン(鹸)化価の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケン(鹸)化価【けんかか】

油脂または蝋1gをケン化するに必要な水酸化カリウムミリグラム数。含有する脂肪酸の種類によって異なり,脂肪酸の分子量の小さいものほどケン化価は大きくなり,また炭化水素高級アルコールなどケン化されない物質が含有されている場合には小さくなる
→関連項目鯨蝋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ケン(鹸)化価の関連キーワード気化熱必要条件穂水鹸化価アセチル価けん(鹸)化けん(鹸)化価酸価不けん化物ライヒェルト‐マイスル価

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone