コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーズ ケーズKayes

4件 の用語解説(ケーズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケーズ(Kayes)

カイェ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケーズ

マリ西部,セネガル川河岸の河港都市。ダカールバマコを結ぶ鉄道の中間点にあり,ラッカセイトウモロコシなど農産物集散の中心地。5万1000人(1987)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーズ【Kayes】

西部アフリカの内陸国マリ共和国西部にある都市。人口2万9000(1976)。マリ西部を北西に流れ,その後セネガルモーリタニアの国境となって大西洋に注ぐセネガル川の港である。セネガル川は河口からケーズまで船舶の航行が可能であるが,町の上流にはフェル滝といわれる急流がある。そのためケーズからニジェール川の河港クリコロ(首都バマコ北東)まで,鉄道によって結ばれている。商業(落花生,皮革)の中心である。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーズ
けーず
Kayes

西アフリカ、マリ南西部の都市。セネガル川中流沿岸に位置し河港がある。カエスともいう。人口8万4800(2002推計)。マリ南西部の商業中心地で、アラビアゴム、ラッカセイ、綿花の集散地として栄え、皮革、紡績、食品加工などの工業も立地する。1908年までマリ行政の中心地であった。首都バマコとセネガルのダカールを結ぶ鉄道の要地で、空港もある。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケーズの関連情報