コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲスト げすと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ゲスト

LANやパソコン通信などのネットワークに入会手続きをせずに一時的に接続する人のこと。または、その際に利用するID(ゲストID)のこと。正式会員になる前に試用してみたり、オンラインサインアップを行ったりするときには、ゲスト用の接続方法であるゲストアクセスが用意されていることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲスト(guest)

客。来客。「ゲストルーム」
特別の出演者。「ゲスト出演」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ゲスト

2009年製作のアメリカ映画。原題《The Uninvited》。韓国のサスペンス・ホラー映画「箪笥」(2003)のリメイク。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゲスト【guest】

客。招待客。 「 --ルーム」 → ホストホステス
臨時の出演者。 「 -出演」 → レギュラー
ホスト-コンピューターに一時的な接続を許可された端末。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲスト
Guest, Edgar Albert

[生]1881.8.20. バーミンガム
[没]1959.8.5. デトロイト
アメリカのジャーナリスト,詩人。イギリスで生れ 10歳のときアメリカに移住。 1895年デトロイトの新聞社に入る。民衆の日常生活に即した俗っぽい詩を各紙に載せ,それらは『さまざまな暮し』A Heap o' Livin' (1916) にまとめられ版を重ねた。批評家からは軽視されたが一般受けし,『今日と明日』 Today and Tomorrow (42) など多数の詩集がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のゲストの言及

【もてなし】より

…これら,もしくはその関連語彙は,客と主人の両義をもっている。すなわち,ギリシア語のクセノス,ラテン語のホスペスはそれぞれ客のみならず主人をも意味し,英語のゲストguestとホストhost,ロシア語のゴスチgost’とゴスポジーンgospodinは同根である。共同体外の見知らぬ人は敵ともなり客ともなりうる。…

※「ゲスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲストの関連キーワードコラボレーション[collaboration]警部補 古畑任三郎スペシャル/笑うカンガルーParallels Workstation古畑任三郎スペシャル/すべて閣下の仕業古畑任三郎スペシャル/黒岩博士の恐怖AMD Virtualization謳歌Visiting Hours神奈川県横浜市神奈川区宝町古畑任三郎/しばしのお別れジョーズ'87 復讐篇ホストOS (仮想化)ゲストOS (仮想化)仮想フロッピーディスクafter talkぴったし カン・カンやすきよ笑って日曜日欽ちゃんの週刊欽曜日新どっちの料理ショーオシャレ30・30

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲストの関連情報