コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲフィチニブ Gefitinib

デジタル大辞泉の解説

ゲフィチニブ(Gefitinib)

抗癌剤(こうがんざい)の一つ。分子標的治療薬の一種で、非小細胞肺癌(ひしょうさいぼうはいがん)の治療薬として使用される。商品名イレッサ。平成14年(2002)、英国の製薬会社アストラゼネカが、世界に先駆けて日本で発売。細胞の増殖を促進する上皮成長因子受容体チロシンキナーゼの働きを阻害することによって、癌細胞(がんさいぼう)の増殖を抑える。急性肺障害・間質性肺炎などの重い副作用を引き起こす場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲフィチニブ
げふぃちにぶ
gefitinib

抗悪性腫瘍(しゅよう)薬。製品名は「イレッサ」で、イギリスのアストラゼネカ社により合成、開発された分子標的薬。悪性腫瘍細胞の増殖、維持に関与している上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを阻害する。非小細胞肺癌(がん)に劇的に効果が認められたことから2002年(平成14)7月世界にさきがけて日本で承認された。適応は手術不能または再発非小細胞肺癌。白色の粉末で、製剤は錠剤(250ミリグラム)。1日1回250ミリグラムを経口投与する。比較的ゆるやかに吸収され、食事の影響は受けない。
 副作用は、発疹、下痢(げり)、掻痒(そうよう)症、皮膚乾燥など。重大な副作用として、急性肺障害、間質性肺炎、重度の下痢、脱水、中毒性表皮壊死(えし)融解症、肝炎、血尿、急性膵炎(すいえん)がある。
 本剤は非小細胞肺癌患者の約10~20%に腫瘍縮小効果を示し、女性、非喫煙者、腺癌、東洋人では効果を示す割合が高い。また、EGFR遺伝子変異をもつ非小細胞肺癌に対しては70~80%程度の患者に腫瘍縮小効果を示す。化学療法との併用は効果がない。
 本剤発売後、間質性肺炎で死亡する例が日本で多発し問題となったが、本剤投与開始後4週間は入院させて、重篤な副作用発現に関する観察を十分に行うことで、対策がなされている。間質性肺炎の発現時期は治療開始後約2週目をピークに約2か月で、死亡率が高く、発生頻度は5.8%。発現は喫煙者、男性、化学療法歴を有する者、低酸素血症を有する者、塵肺(じんぱい)、扁平(へんぺい)上皮癌を有する者などに多く、初期症状は発熱、乾燥咳嗽(がいそう)(せき)、息切れ、呼吸困難等である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゲフィチニブの関連キーワード肺がん治療薬イレッサイレッサ薬害訴訟制がん剤の副作用ドラッグ・ラグ制癌剤癌細胞抗癌剤

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android