コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲル・マン ゲルマン

百科事典マイペディアの解説

ゲル・マン

米国の物理学者。イェール大学卒,プリンストン高等研究所員,シカゴ大学助教授を経て,1956年カリフォルニア工科大学教授。素粒子論を研究,西島和彦・中野董夫と独立にパリティ子論の概念を確立(1953年),対称性原理に基づき素粒子を分類,グザイゼロ粒子発見の基礎をつくった。
→関連項目素粒子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ゲル・マンの関連キーワードインドヨーロッパ語族スカンジナビア諸語フンデルトシャフトスウェーデン語アイスランド語レト・ロマン語グリムの法則ゲルマン民族デンマーク語ノルウェー語ゲルマン神話マルク共同体ゲルマン語派サリカ法典フランケンフランス語フラマン語ノビアールゲルマン法オランダ語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲル・マンの関連情報