コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲル・マン ゲルマン

百科事典マイペディアの解説

ゲル・マン

米国の物理学者。イェール大学卒,プリンストン高等研究所員,シカゴ大学助教授を経て,1956年カリフォルニア工科大学教授。素粒子論を研究,西島和彦・中野董夫と独立にパリティ子論の概念を確立(1953年),対称性原理に基づき素粒子を分類,グザイゼロ粒子発見の基礎をつくった。
→関連項目素粒子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ゲル・マンの関連キーワードフンデルトシャフトフレーバー自由度ゲル=マンの関係SU(3)対称性ストレンジネスドイツ英雄伝説スウェーデン語アイスランド語デンマーク語ミュレンホフグリムの法則ノルウェー語ゲルマン語派フランク族オーディンフラマン語ゲルマン法ゲルマニア民族大移動フェロー語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲル・マンの関連情報