コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボウムギ

3件 の用語解説(コウボウムギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウボウムギ

日本全土,東アジアの海岸の砂地にはえるカヤツリグサ科多年草。茎は太く,高さ10〜20cmで,地中を横走する根茎から出る。葉は堅い革質で線形,幅4〜6mm。雌雄異株
→関連項目海岸植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コウボウムギ【Carex kobomugi Ohwi】

海岸の砂浜に群落を作って生えるカヤツリグサ科のスゲの一種で,初夏に太い雄の穂に黄色いおしべが著しくつき,夏から秋には雌の穂の実が熟す(イラスト)。和名は弘法麦の意味で,熟した穂が麦の穂に似ているからであり,異名の筆草(ふでくさ)は,根茎の節に茶色の繊維が太く集まって筆の穂先の形になるからいう。強剛な多年草で,茶色で長い根茎を四方に伸ばす。葉は幅1cmくらいで硬く,縁はざらつき,外側へ反って広がる。雌雄異株で,雄花序・雌花序ともに楕円形で,葉の中心から出る高さ20cmほどの太い茎の先につき,多数の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウボウムギ
こうぼうむぎ / 弘法麦
[学]Carex kobomugi Ohwi

カヤツリグサ科の多年草。高さは10~20センチメートル、葉は堅く幅は5ミリメートル程度。雌雄異株で、4~6月に茎の先に4~6センチメートルの穂状花序をつける。果胞は堅く長さ1センチメートルくらいで、先端が長く伸びる。根茎は長く伸び、節には古い鱗片葉(りんぺんよう)が分解して繊維状に残っている。そのようすを筆に見立てて、フデクサ(筆草)の名もある。北海道西海岸、本州、四国、九州の砂浜に普通に生え、群生することが多い。海浜植物の代表的な種で砂防に用いられることもある。日本以外では、朝鮮半島、中国に分布する。北海道北東部からオホーツク海沿岸および北アメリカ西海岸にはエゾノコウボウムギC. macrocephala Willd.が分布する。コウボウムギに似ているが、果胞が著しく反り返ることで区別できる。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウボウムギの関連キーワード畦蚊帳吊弘法芝弘法麦菜切菅紙蚊帳吊蚊帳吊草小米蚊帳吊品字蚊帳吊水蚊帳釣パルマローザ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウボウムギの関連情報