コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸植物 かいがんしょくぶつbeach plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海岸植物
かいがんしょくぶつ
beach plant

海浜に限って分布する植物をさす。砂地に生える耐乾性の強いものや,塩分に対する抵抗性の強い塩生植物で,ハマエンドウ,ハマヒルガオ,コウボウムギアッケシソウマツナなどがある。一般に根は長く,葉は厚く肉質化することが多い。なおヒルギの類のように,好んで海岸の泥沼状のところに生育して膝根を生じて繁茂し,いわゆるマングローブ (紅樹林) を形成するものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

海岸植物【かいがんしょくぶつ】

海岸の砂地や岩壁に生活する植物。一般に葉は厚く,クチクラが発達し,耐乾性,耐塩性の強いものが多い。特に砂地のものでは根の発達もよく,塩生植物が多い。気候が同緯度の内陸に比べて温暖で,温度変化も小さいので,植物分布の北限は内陸部より高緯度に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海岸植物
かいがんしょくぶつ

海岸の砂浜、断崖(だんがい)、塩沼地などの特異な立地に生育する植物をいう。波の打ち寄せる砂浜には、砂地性の群落が発達し、波打ち際から内陸へと植物の種類が変わる(帯状分布)。太平洋側と日本海側、あるいは風による砂浜の砂の飛ばされ方の違いによって植物種は異なるが、一般的には、波打ち際から内陸へ向けて、まずコウボウムギやハマニンニクが生育し、ついでオニシバ、ハマニガナ、そしてケカモノハシ、さらにクロマツ林あるいはカシワ林となる。コウボウムギなどの地下部は砂の移動、集積に耐えて生活できるようになっている。
 本州中部の発達した海岸林ではマサキ、トベラなどの低木が前縁に、後方にはヤブニッケイ、タブなどの高木が帯状に分布する。トベラなどの前縁の植物は、強い塩風で枝が枯れても再生する。また海岸崖地(がけち)には葉肉の厚いワダン、ツワブキなどの崖地性の群落がみられる。また、まれにアッケシソウなどの塩生植物の生活する塩沼群落も、海岸でみられることがある。[小滝一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海岸植物の関連情報