コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオリガモ(氷鴨) コオリガモ Clangula hyemalis

1件 の用語解説(コオリガモ(氷鴨)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コオリガモ【コオリガモ(氷鴨) Clangula hyemalis】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。全長雄約60cm,雌約38cm。雄は尾が長い。このためイギリスではlong‐tailed duckと呼ばれるユーラシア大陸,北アメリカの極北地方のツンドラで繁殖し,冬期には太平洋北部,大西洋北部,北アメリカ五大湖などへ渡り,おもに海上で過ごす。日本にも冬鳥として渡来し,北日本の海上ではふつうに見られるが,本州中部以南ではきわめてまれ。潜水能力がよく発達していて,ふつう30~50秒,最大2分程度は潜っていることができ,60mくらいまで深く潜ることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コオリガモ(氷鴨)の関連キーワードカモ黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧白鴎盗賊鴎フランクリン鴎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone