コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオリガモ コオリガモ Clangula hyemalis; long-tailed duck

2件 の用語解説(コオリガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コオリガモ
コオリガモ
Clangula hyemalis; long-tailed duck

カモ目カモ科。全長は雌 38cm,雄は尾が長く 60cm。北半球高緯度地域から北極圏で繁殖し,冬季は中・高緯度地域の海域に南下して越冬する。雄は,夏羽(→羽衣)では顔が白く,頭頸部から上胸部が黒褐色,胸腹部は白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コオリガモ
こおりがも / 氷鴨
long-tailed duck
[学]Clangula hyemalis

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全北区の北極圏に広く繁殖し、冬季も亜寒帯にとどまる。日本では北海道、青森県までをおもな越冬地域とし、流氷の押し寄せるオホーツク海にもみられる。北極圏ではもっとも多いカモで、雄はツンドラの池の島などに縄張りをもち、雌はむしろそれに関係なくコロニー状に営巣し、外敵を群れで防ぐ習性のあるアジサシのコロニーの中に営巣するものもある。1腹6~7卵で、北極の短い夏に適応してきわめて成長が早く、抱卵は24~26日、雛(ひな)も35日で飛力を得る。潜水が非常に巧みで水深の深い沖合いを好み、通常15メートル、最深例では60メートルも潜り、海中のエビなど甲殻類を好んで食べる。雄は「アオーナ」という特有の大声を出すが、これは沖合いにすむため連絡声として発達したものと思われる。海面上2~3メートルを水平にやや遅い速度で飛び、落ちるように着水する。雄は全長59.5センチメートル、中央の尾羽2枚が細長く伸びる。冬羽は白と黒褐色、夏羽では上体が黒褐色で、黄褐色の縁のある細長い肩羽が特徴となり、繁殖後は他種のエクリプス(雌型のじみな羽色)にあたる中間的な羽色を経て冬羽となる。この換羽方式はカモ類では独特でライチョウと似ているが、冬羽の白色は流氷への保護色と考えられる。雌は全長38センチメートル、尾の長羽はなく、羽色は雄に準ずる。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コオリガモの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧カモ(鴨)ガン(雁)コオリガモ(氷鴨)コガモ(小鴨)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone