コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシアキトンボ コシアキトンボ Pseudothemis zonata

3件 の用語解説(コシアキトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシアキトンボ
コシアキトンボ
Pseudothemis zonata

トンボ目トンボ科。北海道を除く日本各地に普通にみられるトンボの1種。体長約 37mm,前翅長約 40mm。体は黒色で,胸部側面の中央と後方に黄白色条が走り,また腹部の3,4節目は雄では白く,雌では1黒帯を含んだ黄白色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コシアキトンボ【Pseudothemis zonata】

トンボ目トンボ科の昆虫(イラスト)。体長約45mm。体は濃黒色,または黒褐色で,腹部の3~4節が雄では顕著な乳白色,雌ではこの両節が黒斑を交えた黄色を呈するのでこの名がある。翅は長く幅広く透明であるが,後翅の基部の大きな紋と前翅の先端の小部分は濃褐色となる。本州,四国,九州のほか,台湾,朝鮮半島南部,中国中南部,ベトナム北部に分布し,青森県は分布の北限である。6月中に羽化し,7~8月には平地の木陰のある比較的有機物に富んだ池沼の水面上を飛び回る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシアキトンボ
こしあきとんぼ / 腰空蜻蛉
[学]Pseudothemis zonata

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。黒色を帯びた中形の種類で、雄雌とも腹部の基方節が黄白色または黄色で顕著。体長約45ミリメートル、後翅(こうし)長約40ミリメートル。幼虫は樹陰のある池沼に育ち、初夏のころから羽化する。若い成虫は樹上や上方の空間を舞っているが、成熟すると雄は池の表面近くに降りて水際を徘徊(はいかい)して交尾をする。卵は水面の浮遊物などに付着させられる。本州以南の日本、さらに朝鮮半島と台湾、中国の中・南部およびトンキン湾に分布する平地の普通種である。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コシアキトンボの関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉川蜻蛉腰明蜻蛉ハナダカトンボミヤジマトンボムカシトンボ(昔蜻蛉)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone