コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチャバンバ コチャバンバ Cochabamba

5件 の用語解説(コチャバンバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コチャバンバ
コチャバンバ
Cochabamba

ボリビア中部,コチャバンバ県の県都。ラパス東南東約 230km,アンデスの東部山脈中のコチャバンバ盆地にあり,標高約 2500m。 1574年スペイン人が建設。肥沃な同盆地の中心地で,周辺に産するジャガイモトウモロコシ,小麦,果実,野菜などを集散する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コチャバンバ(Cochabamba)

ボリビア中部の都市。コチャバンバ県の県都。同国の主要な農業地域であり、商工業の中心地でもある。植民地時代の建造物が多数残され、観光・保養地としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コチャバンバ

ボリビア中西部,同国第3の都市。標高2500mの高原に位置し,交通の要地。農業地帯の中心として農産物取引が盛ん。1574年創設。大学(1832年創立),世界一のスズ王パティニョの館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コチャバンバ【Cochabamba】

ボリビア第3の都市で,標高2500mにあり,気候が温暖である。人口44万8756(1993)。鉄道,道路,空路の中継地として,交通のかなめとなっている。食品工業が盛んで,また石油精製工場もある。周辺は豊かな農村地帯で,その農産物の集散地として大きな役割を果たしている。スペイン人によって1574年に建設された町で,1832年創設の大学がある。【中川 文雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コチャバンバ
こちゃばんば
Cochabamba

南アメリカ中部、ボリビア中央部に位置する都市。人口51万7024(2001)。ボリビアの主要農業地域の中心地で、交通の要点にあたり、精油、織物、食品、木材などの工業が立地する。標高2560メートルの高原にあり、ボリビアでもっとも住みやすい気候の地といわれている。樹木の多い、スペイン風の市街があり、保養地としても知られる。独立戦争のときに女性だけでこの町を守ったことを記念する記念碑が立つサン・セバスチャンの丘からの眺めはすばらしい。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コチャバンバの関連キーワードボリビアボリビア革命トリビアトリビアルリビア山猫ケリビアMNR(ボリビア)ボリビアコカボリビアチンチララ・プラタ(ボリビア)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コチャバンバの関連情報