コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチュジャン

百科事典マイペディアの解説

コチュジャン

韓国のトウガラシ味噌。米飯か餅に豆麹,トウガラシ,塩,水あめなどを混ぜ合わせ,1ヵ月前後熟成させたもの。辛みとうまみがミックスした調味料で,材料の配合により甘みの強いものから塩辛いものまでいろいろある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

コチュジャン【(朝鮮)】

朝鮮料理の調味料の一つで、もち米・麹・とうがらしなどから作る辛い味噌。◇「コチュ」は「とうがらし」の意、「ジャン」は大豆を発酵させて作る調味料の総称。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コチュジャン

〔朝鮮語〕
朝鮮料理独特のトウガラシみそ。コチジャン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コチュジャン
こちゅじゃん

朝鮮語でコチュはトウガラシで、ジャンは醤(ひしお)すなわちみそのこと。糯米(もちごめ)飯と大豆みそをあわせたものに麦芽(ばくが)粉もしくは米麹(こうじ)を加え、粉とうがらしを混ぜて、壺(つぼ)などの容器で熟成させてつくる朝鮮半島固有の複合調味料。甘味、辛味、うま味がミックスされていて、各種家庭料理の調味香辛料として重宝される。普通のみそより柔らかく、焼き肉につけるたれやスープなどの料理にすこし加えたりして用いる。コチュジャンは新潟地方のかんずりに似ており、朝鮮料理店の卓上にはかならず置いてある。[鄭 大 聲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコチュジャンの言及

【朝鮮料理】より

…包み物サム。ちしゃ(サニーレタス類)などの生野菜にコチュジャン(からしみそ)をそえ,米飯を包んでたべる。あえ物野菜を調味料であえたナムルが代表的で,生野菜をあえた生菜(センチェ),湯を通した熟菜(スクチェ)がある。…

【トウガラシ(唐辛子)】より

…【鈴木 晋一】
[朝鮮の食用,民俗]
 朝鮮語でコチュkoch‘uと呼び,〈苦椒〉〈苦草〉の字を当てる。朝鮮料理に用いられる代表的な香辛料で,豆みそ,もち米,麦芽などと合わせて熟成したトウガラシみそ(コチュジャン)は各種料理の薬味のベースになる。野菜の漬物キムチには,ニンニク,塩辛などとともに欠かせない。…

※「コチュジャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コチュジャンの関連キーワード特辛とうがらしせんチョコチュジャンオジンオフェトッポッキサムジャンタッカルビプデチゲビビンバタクパルユッケもつ鍋チゲフェ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コチュジャンの関連情報