コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッタ コッタCotta, Gaius Aurelius

5件 の用語解説(コッタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッタ
コッタ
Cotta, Gaius Aurelius

前1世紀頃のローマの政治家,詩人。リウィウス・ドルスス,スルピキウス・ルフス,リキニウス・クラッススらと野心的な若いパトリキ (貴族) のグループをつくる。一時追放されたが,L.スラとともに帰還。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッタ
コッタ
Cotta, Lucius Aurelius

前1世紀頃のローマの政治家。前 70年法務官 (プラエトル ) ,前 65年執政官 (コンスル ) 。ユリウス・カエサルの親族だが,M.キケロをも支持し,内乱時には中立を保った。前 44年にはカエサルをイタリア以外で王と呼ぶ立法決定に参画した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッタ
コッタ
Cotta, Marcus Aurelius

前1世紀頃のローマの軍人。 G.A.コッタの弟。ビチュニアでミトラダテス6世と戦い,一時捕虜となって L.ルクルスに救出されたが,のちにはヘラクレアを攻略。前 74年執政官 (コンスル ) 。のち捕獲品を国庫に入れたにもかかわらず,公金横領のかどで処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッタ
コッタ
Cotta

ドイツの出版社 Cotta'sche Buchhandlungのこと。 1659年テュービンゲンで創立。特に J. F.コッタ (1764~1832) は古典主義の作家ゲーテシラーヘルダーらの作品の出版で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コッタ【Heinrich von Cotta】

1763‐1844
ドイツの林学者。イェーナ大卒。1810年ターラント林学専門学校長。森林は木材生産に役立つのみならず,防風,防暑,防砂,防雪の保護作用や気候緩和の効用のあることを説き,森林の経営はこの点を考えて行うのがたいせつであるとした。最小の経費で最大の保続的木材生産を得るように計画するとともに,森林が社会に与える影響に注目し,どうすれば人間社会に最も有益となるかの視点から森林経営の在り方を考えることを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッタの関連情報