コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コットンベルト コットンベルト

2件 の用語解説(コットンベルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コットンベルト
コットンベルト

綿花地帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コットンベルト
こっとんべると
cotton belt

アメリカ合衆国で綿花の栽培されている広大な地域を包括する地域名。綿花地帯、綿地帯ともいう。コットンベルトは黒人の割合の高い地域である。ジョージア州からルイジアナ州を中心とする南部諸州は、19世紀ごろには黒人奴隷を使った綿花(おもに陸地綿)のプランテーションで栄えていた。ワタは生育期に温暖湿潤を好み、収穫期に乾燥を必要としており、土壌、排水などの自然条件、とくに気候条件によって品質が大きく左右される。このため分布地域は、ほぼ、北が無霜期間200日と夏の平均気温25℃の線、西が年降水量500ミリメートルの線、南と東が収穫期の雨量250ミリメートルの線によって、それぞれくぎられていた。17世紀前半以降、アフリカから送り込まれた黒人奴隷たちは南北戦争(1861~1865)の結果解放されるが、土地や農具をもたない彼らの多くは、その後も分益小作農として綿花栽培に従事し、綿花地帯の発展に貢献してきた。しかし、第一次世界大戦中からの黒人の北部への移動が続くなかで、ニューディール政策に基づく農業調整法による作付面積の制限実施を契機に、綿摘機やトラクターの普及など、綿花栽培の機械化、合理化が進展した。その結果、分益小作農制は1930年代中ごろ以降衰退を示し、黒人労働力の都会流出が一段と進み、綿花栽培は、白人の自作農による機械化された経営が中心となった。1920年代から第二次世界大戦後にかけて、ルイジアナ州より東側の地域では、虫害(ワタミハナゾウムシ)、価格低下、土壌侵食、地力低下などで作付面積は減少し、森林、大豆・牧草の栽培や家禽(かきん)(ブロイラーなど)・肉牛の飼育などが増加しており、綿花栽培の中心は大規模な灌漑(かんがい)施設をもつテキサス州やカリフォルニア州へと移動している。現在、南部諸州は、綿花・混合農業地域の様相を呈するようになっている。[新井鎮久・井村博宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone