コナギ(読み)こなぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「コナギ」の解説

コナギ
こなぎ / 小菜葱
[学] Monochoria vaginalis (Burm.f.) Preslvar. plantaginea (Roxb.) Solms-Laub.

ミズアオイ科(APG分類:ミズアオイ科)の一年生の水生植物。根葉は数枚、葉身は披針(ひしん)形ないし卵状心形、長さ3~7センチメートル、幅1.5~3センチメートル、長柄がある。茎は根葉よりははるかに短く、1枚の葉および3~7個の花をつける。花は9、10月に開き、青紫色、径1.5~2センチメートル。水田や池沼に生え、日本各地に自生し、東アジアおよび東南アジアに広く分布する。茎や葉は食用になる。

[清水建美 2019年6月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コナギ」の解説

コナギ

ササナギとも。本州〜沖縄,東南アジアに分布し,池,水田などにはえるミズアオイ科の一年生水草。葉は厚く光沢があり,卵円〜卵状披針形で,20cm内外の柄がある。晩夏〜秋,青紫色の径2cmの花が総状に集まって咲く。花被片6枚。おしべは6本,うち5本は花被より著しく短く,他の1本は大型で,花糸にかぎ状突起がある。近縁に花や葉が大きく,花序が葉よりも高くつくミズアオイがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「コナギ」の解説

小菜〓 (コナギ)
※〓は「艹」の下に「匆」。

学名Monochoria vaginalis var.plantaginea
植物。ミズアオイ科の抽水性一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典 第2版「コナギ」の解説

コナギ【Monochoria vaginalis (Burm.f.) Presl var.plantaginea (Roxb.) Solms‐Laub.】

水田の雑草になるミズアオイ科の一年生の水草(イラスト)。高さ10~30cmになり,葉をむらがり出す。広披針形から三角状心形の葉身は長さ3~7cm。総状の花序は葉鞘(ようしよう)から出て,夏から初秋に数個の花をつける。花は青紫色,花後に花序は反曲し,垂下する。 本州以南,朝鮮,中国に分布する。母種のM.vaginalisは,東南アジアに広く分布し,やはり水田や水路池傍の水草である。大型の多年草で,時に高さ1mになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android