コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハチョウ(木の葉蝶) コノハチョウ leaf butterfly

1件 の用語解説(コノハチョウ(木の葉蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コノハチョウ【コノハチョウ(木の葉蝶) leaf butterfly】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫(イラスト)。インド以東の東アジアの熱帯に産し,沖縄本島北部が分布の北限である。沖縄では局地的であるが,石垣島西表島ではまれではない。縦長の特異な翅型で,後翅に尾状突起があるが,アゲハのものとは位置も構造も異なる。大型で開張は6.5cm前後,中央部に向かって幅広となる。表面は黒色,橙色,藍色の地に,前翅の半透明の白紋が各2個ある。裏面は枯葉に似ているがきわめて変異に富み,アサリの貝殻と同様,同じ模様のものは二つとない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コノハチョウ(木の葉蝶)の関連キーワード孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶蛇の目蝶白蝶豹紋蝶小緋威小紫蝶蛺蝶擬蛺蝶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone