コハノフスキ(英語表記)Kochanowski, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コハノフスキ
Kochanowski, Jan

[生]1530. シツィーナ
[没]1584.8.22. ルブリン
ポーランドの詩人。 A.ミツケーウィチ以前の同国最大の詩人。 M.レイとともにポーランド文学に黄金時代を築いた。パドバ,パリに学び,イタリア,フランス文学に親しんだ。イタリア滞在中にラテン・エレジーとエピグラムを書きはじめ,帰国後宮廷に勤めながら『風刺詩集』 Satyr (1564) ,長詩『チェス』 Szachy (66) を書いた。ほかに『ギリシア使節の辞去』 Odprawa posłów greckich (78) ,翻訳『ダビデの詩篇』 Psałterz Dawidów (79) ,『挽歌』 Treny (80) などを通じて,詩を教訓主義から解放し,一層普遍的なものにした。透明な言葉で綴られたその詩は,的確な分節法,安定したリズムをもち,画期的な意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コハノフスキ

ポーランドの詩人。ラテン語と自国語でおもに抒情詩を書いて,この国にルネサンス文学の輝かしい黄金時代を作りあげ,国民詩の基礎を築いた。ラテン詩以外の代表作は,《風流寸鉄詩》《歌》,娘の死をいたむ《挽歌》,詩劇《ギリシア使節の辞去》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コハノフスキ【Jan Kochanowski】

1530‐84
ポーランドの詩人。ミツキエビチ登場以前のポーランド詩壇にあっては,史上最大の詩人と仰がれ,その名声ははるか国外にまで及んだ。ヤギエウォ大学に学び,数次のイタリア遊学を経験,パリに赴いてロンサールらと相知り,豊かな人文学的教養を積んで帰国。国王ジグムント・アウグストに仕えた後,自領チャルノラスにあって代表作《ギリシア使節の辞去》(1578),《ダビデの詩編》(1579),《挽歌》(1580)を完成,わけても《挽歌》は愛娘ウルシュラの死によって引き裂かれた老詩人の心の慟哭(どうこく)がよく詩的結晶にまで高められ,中世ポーランド文学を画する抒情詩の名編となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コハノフスキ【Jan Kochanowski】

1530~1584) ポーランドのルネサンス期を代表する詩人。詩集「歌」「挽歌」、戯曲「ギリシャ使節の辞去」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コハノフスキ
こはのふすき
Jan Kochanowski
(1530―1584)

ポーランドの詩人。同時代のレイとともにポーランド文学の「黄金時代」を築き、ポーランド・ルネサンス期最大の詩人としてポーランド詩の発展に本質的な影響を与えた。イタリアで学んで多面的な教養を身につけ、帰国後、宮廷に仕える間に歌謡や詩形式の短いストーリー、『チェス』(1564)、『風刺詩集』(1564)を書く。文学に専心してからの作品には、傑作『挽歌(ばんか)』(1580)、『ギリシア使節の辞去』(1578)および『ダビデの詩編』の翻訳(1579)などがある。初期の作品はラテン語で書かれたが、レイとともに文語としてのポーランド語を確立させた。[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android