コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハノフスキ コハノフスキKochanowski, Jan

5件 の用語解説(コハノフスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コハノフスキ
コハノフスキ
Kochanowski, Jan

[生]1530. シツィーナ
[没]1584.8.22. ルブリン
ポーランドの詩人。 A.ミツケーウィチ以前の同国最大の詩人。 M.レイとともにポーランド文学黄金時代を築いた。パドバ,パリに学び,イタリアフランス文学に親しんだ。イタリア滞在中にラテン・エレジーエピグラムを書きはじめ,帰国後宮廷に勤めながら『風刺詩集』 Satyr (1564) ,長詩『チェス』 Szachy (66) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コハノフスキ

ポーランドの詩人。ラテン語と自国語でおもに抒情詩を書いて,この国にルネサンス文学の輝かしい黄金時代を作りあげ,国民詩の基礎を築いた。ラテン詩以外の代表作は,《風流寸鉄詩》《歌》,娘の死をいたむ《挽歌》,詩劇《ギリシア使節の辞去》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コハノフスキ【Jan Kochanowski】

1530‐84
ポーランドの詩人。ミツキエビチ登場以前のポーランド詩壇にあっては,史上最大の詩人と仰がれ,その名声ははるか国外にまで及んだ。ヤギエウォ大学に学び,数次のイタリア遊学を経験,パリに赴いてロンサールらと相知り,豊かな人文学的教養を積んで帰国。国王ジグムント・アウグストに仕えた後,自領チャルノラスにあって代表作《ギリシア使節の辞去》(1578),《ダビデの詩編》(1579),《挽歌》(1580)を完成,わけても《挽歌》は愛娘ウルシュラの死によって引き裂かれた老詩人の心の慟哭(どうこく)がよく詩的結晶にまで高められ,中世ポーランド文学を画する抒情詩の名編となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コハノフスキ【Jan Kochanowski】

1530~1584) ポーランドのルネサンス期を代表する詩人。詩集「歌」「挽歌」、戯曲「ギリシャ使節の辞去」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コハノフスキ
こはのふすき
Jan Kochanowski
(1530―1584)

ポーランドの詩人。同時代のレイとともにポーランド文学の「黄金時代」を築き、ポーランド・ルネサンス期最大の詩人としてポーランド詩の発展に本質的な影響を与えた。イタリアで学んで多面的な教養を身につけ、帰国後、宮廷に仕える間に歌謡や詩形式の短いストーリー、『チェス』(1564)、『風刺詩集』(1564)を書く。文学に専心してからの作品には、傑作『挽歌(ばんか)』(1580)、『ギリシア使節の辞去』(1578)および『ダビデの詩編』の翻訳(1579)などがある。初期の作品はラテン語で書かれたが、レイとともに文語としてのポーランド語を確立させた。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コハノフスキの関連キーワードイワンイワン狩野正信専誉ウィレム宮本武蔵森長可狩野正信ザカリアス広場テルチ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コハノフスキの関連情報