コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマクサ(駒草) コマクサDicentra peregrina; dicentra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマクサ(駒草)
コマクサ
Dicentra peregrina; dicentra

ケシ科の多年草で,高山植物として珍重される。本州中部以北の高山砂礫地に生える。全体は粉白を帯びた緑色で葉はすべて根生し,細かく裂けている。夏,高さ 10cmぐらいの花茎を出し,数個の紅紫色の花をつける。コマクサという名は細長い花冠の形が馬の顔に似ているためという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コマクサ【コマクサ(駒草) Dicentra peregrina (Rudolphi) Makino】

日本の高山植物の代表的なものとして知られるケシ科の多年草(イラスト)。7~8月ころ,先が垂れた花茎に紅紫色の可憐な花が下垂して咲く。シベリア東部,カムチャツカサハリン,千島から本州中部まで分布し,きわめて陽地性で,高山の砂礫地(されきち)などに生える。全体に小型で,草丈は約10cm。葉は白みをおび,細かく裂けて根生する。短い根茎には葉の基部や鱗片が多肉化してつき,貯蔵物質を蓄える。花は扁平で2枚の萼片,4枚の花弁があり,外側の2枚の花弁は袋状で先が反り返る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報