コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメットハンター コメットハンター comet hunter

2件 の用語解説(コメットハンターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コメット‐ハンター(comet hunter)

彗星コメット)の捜索に熱心に取り組むアマチュア天文家。日本では池谷関彗星を発見した池谷薫・関勉、百武彗星を発見した百武裕司らが知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメットハンター
こめっとはんたー
comet hunter

彗星(すいせい)のような新天体を探す天文家。17世紀の望遠鏡の発明後、肉眼では見えないような暗く淡い彗星などが多く発見され、新天体を探す天文家が多く登場した。初期の代表者は、彗星発見の便宜のための星団・星雲の一覧表メシエ・カタログを作成したシャルル・メシエである。長い間、彗星探索においては、プロの天文学者よりアマチュアの天文家が多く寄与してきた。日本でも、1965年(昭和40)に池谷‐関(いけやせき)彗星を発見した池谷薫(かおる)(1943― )と関勉(つとむ)(1930― )が有名である。しかし、1990年代より、LINEAR(リンカーン地球近傍小惑星探査、Lincoln Near-Earth Asteroid Research)、NEAT(地球近傍小惑星追跡、Near-Earth Asteroid Tracking)、ISON(アイソン)(国際科学光学ネットワーク)、Pan-STARRS(パンスターズ)などの地球近傍小惑星探査の専門組織が全天(とくに北天)を精密に観測するようになった。専門組織では最新のCCDカメラを使って暗い彗星もみつけられるため、眼視で探すアマチュア天文家の活躍の場が急速に狭まってきている。そこでアマチュアコメットハンターの一部は、専門組織の観測領域が比較的手薄な南天を対象にしたり、新星や超新星の探査の場に活動の中心を移すようになっている。超新星の発見では、100以上を発見したアマチュアの板垣公一(1947― )が有名である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コメットハンターの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧総合年表(北・東・東南アジア)姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)名数小辞典日本(にほん)西・南アジア史(年表)日本神話の神々

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コメットハンターの関連情報