コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツキガニ(米搗蟹) コメツキガニ Scopimera globosa

1件 の用語解説(コメツキガニ(米搗蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コメツキガニ【コメツキガニ(米搗蟹) Scopimera globosa】

内湾の干潟に群れをなしてすむ甲殻綱スナガニ科のカニ(イラスト)。甲幅1cmほどで,前方が狭い四角形であるが,甲面が盛り上がっているためにほとんど球形に見える。複雑な模様があるが,全体としてやや紫色を帯びたじみな砂色で,干潟ではカムフラージュ効果がある。潮が引くと巣穴から出て,砂泥をはさみですくって口に入れ,有機物だけを食べて砂泥を丸めて捨てる。採餌の間には,歩脚を踏んばって両方のはさみをゆっくりと上げ,その後急に下げる動作を繰り返す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コメツキガニ(米搗蟹)の関連キーワードエルフ群泳桜貝潮干潟砂鼠乗っ込み船虫群れらか潮吹貝馬刀貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone