コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツキガニ コメツキガニ Scopimera globosa; sand bubbler crab

3件 の用語解説(コメツキガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメツキガニ
コメツキガニ
Scopimera globosa; sand bubbler crab

軟甲綱十脚目コメツキガニ科。甲は幅 1cmほどで,前方にせばまった丸みのある四角形であるが,甲面が強く隆起しているので球形に見える。鋏脚と歩脚の長節に長円形の薄膜があり,「鼓膜」と呼ばれているが,どの程度音を感じるか確かめられていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コメツキガニ

甲殻類スナガニ科のカニ。甲は丸みのある四角形で背面は丸く隆起している。甲長9mm,甲幅10mmくらい。色は黒灰色,はさみや歩脚の爪(つめ)は紫赤色。歩脚の長節には鼓膜と呼ばれる薄膜構造がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメツキガニ
こめつきがに / 米搗蟹
[学]Scopimera globosa

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。内湾の砂泥地の干潟に群生する。北海道南部から沖縄諸島まで、黄海沿岸各地、シンガポールから知られている。甲幅1センチメートルほどで、前方がやや狭い丸みのある四角形であるが、甲面が強く隆起しているために球形にみえる。はさみ脚(あし)と歩脚(ほきゃく)の長節には長円形の薄い膜からなる鼓膜状の器官があり、聴覚に関与しているものと考えられている。満潮時には砂中に潜っているが、干潮になると巣穴から出て、はさみで砂泥をすくって口に入れ、有機質だけを食べて残りを団子にして穴の周囲にばらまく。餌(え)をとりながら、体を持ち上げ、両方のはさみを緩やかに上下運動させる。この行動は雌雄とも行い、その意味は明らかでないが、和名はこれを米を搗(つ)くのに見立てたものであろう。干潟に個体数が少ないと巣穴の周囲を縄張り(テリトリー)として守るが、個体数が多くなると縄張り意識がなくなる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コメツキガニの関連キーワード軟甲類ミナミコメツキガニ岩蟹米搗蟹蝲蛄猿猴蟹扇蟹拳蟹柔蟹コメツキガニ(米搗蟹)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コメツキガニの関連情報