コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツキガニ Scopimera globosa; sand bubbler crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメツキガニ
Scopimera globosa; sand bubbler crab

軟甲綱十脚目コメツキガニ科。甲は幅 1cmほどで,前方にせばまった丸みのある四角形であるが,甲面が強く隆起しているので球形に見える。鋏脚と歩脚長節に長円形の薄膜があり,「鼓膜」と呼ばれているが,どの程度音を感じるか確かめられていない。内湾の砂泥地に群生しており,干潮時に巣穴から出て砂泥をすくって口に入れ,有機質分だけ食べて砂泥は団子にし穴の周囲にばらまく。餌をとりながら両方の鋏を上下運動させる習性があり,群生した個体が一斉に行なう光景は壮観である。北海道南部からシンガポールまで分布する。同属の近縁種はインド西太平洋海域から 13種が知られている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コメツキガニ

甲殻類スナガニ科のカニ。甲は丸みのある四角形で背面は丸く隆起している。甲長9mm,甲幅10mmくらい。色は黒灰色,はさみや歩脚の爪(つめ)は紫赤色。歩脚の長節には鼓膜と呼ばれる薄膜構造がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメツキガニ
こめつきがに / 米搗蟹
[学]Scopimera globosa

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。内湾の砂泥地の干潟に群生する。北海道南部から沖縄諸島まで、黄海沿岸各地、シンガポールから知られている。甲幅1センチメートルほどで、前方がやや狭い丸みのある四角形であるが、甲面が強く隆起しているために球形にみえる。はさみ脚(あし)と歩脚(ほきゃく)の長節には長円形の薄い膜からなる鼓膜状の器官があり、聴覚に関与しているものと考えられている。満潮時には砂中に潜っているが、干潮になると巣穴から出て、はさみで砂泥をすくって口に入れ、有機質だけを食べて残りを団子にして穴の周囲にばらまく。餌(え)をとりながら、体を持ち上げ、両方のはさみを緩やかに上下運動させる。この行動は雌雄とも行い、その意味は明らかでないが、和名はこれを米を搗(つ)くのに見立てたものであろう。干潟に個体数が少ないと巣穴の周囲を縄張り(テリトリー)として守るが、個体数が多くなると縄張り意識がなくなる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コメツキガニの関連キーワード西表島後良川河口海域公園地区西表島仲間崎海域公園地区ミナミコメツキガニ潮汐リズムチゴガニ南米搗蟹干潟甲類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コメツキガニの関連情報