コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモ Como

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモ
Como

古代名コムム Comum。イタリア北部,ロンバルディア州コモ県の県都ミラノ北方 40km,コモ湖の南西端にのぞみ,世界的な保養地として有名で別荘も多い。町の歴史は古くケルト人の時代にさかのぼるといわれ,カエサルによってローマの植民地となった。 11世紀に自由都市になったが,まもなくミラノの支配下に入り,ビスコンチ家,スフォルツァ家を経てスペイン,フランス,オーストリアに支配され,1859年ガリバルディによってイタリア領とされた。主産業は中世以来絹織物で,国立絹研究所があり,光学機械,家具などの製造も行われる。 14世紀に建設が開始され,18世紀に完成した大理石の大聖堂ロマネスク様式の聖堂などが残る。旧市街と近代的な新市街に分れ,中心は新市街に移っている。ミラノとは鉄道と高速道路で結ばれている。人口8万 5955 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コモ

イタリア北部,ミラノ北方約40km,ロンバルディア州のコモ湖南西端の都市。スイスとの国境に近い国際的な観光地で,16世紀に始まる絹織物業が行われる。ローマ帝国時代からアルプス以北とミラノを結ぶ交通の要所として発展。

コモ

アメリカのポピュラー歌手。フランク・シナトラと並び称される。ペンシルベニア州生れ。1945年に《時の終りまで》がミリオン・セラーとなり,甘い歌声で世界のファンを魅了した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

コモ

正式社名「株式会社コモ」。英文社名「COMO CO., LTD.」。食料品製造業。昭和59年(1984)設立。本社は愛知県小牧市大字村中。製パン会社。北部イタリア発祥の日持ちのする天然酵母ロングライフパンを製造。前身は「富士カントリー株式会社」の製パンプロジェクト部門。JASDAQ上場。証券コード2224。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモ【Como】

北イタリア,ロンバルディア州の同名県の県都。人口9万5183(1981)。コモ湖南西端にあり,ローマ帝国時代から,アルプス以北とミラノを結ぶ交通の要所として発展。工業の中心は絹織物で,16世紀から始まっている。コモ湖をひかえた観光の中心地でもある。大プリニウスやA.ボルタの生地。大聖堂(14~18世紀),聖アッボンディオ教会(11世紀)などの宗教建築のほか,20世紀前半にサンテリア,G.テラーニなど革新的な建築家による建物も多い。

コモ【Perry Como】

1912‐2001
アメリカのポピュラー歌手。ペンシルベニア州の鉱山町の生れで,父はイタリア移民の理髪師。10歳のころから父の仕事を手伝い,歌のうまい床屋として評判が立つ。1933年勧められて小さな楽団の専属歌手となり,36年人気バンドのテッド・ウィームス楽団に抜擢される。42年にウィームス楽団が解散,43年からRCAレコードに録音を開始,45年の《時の終りまで》が大ヒットとなる。声はバリトンで,歌い方はクロスビーの影響をかなり受けているが,人柄そのままの温かい庶民性が最大の魅力。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コモの関連キーワードlocomotion trainingアンド・アイ・ラブ・ユー・ソーロコモティブシンドロームジャンルカ ザンブロッタシュプリューゲン[峠]プッチーニ, ドメニコカンピオーネディタリアloco checkボルティアーノ神殿ビリー クリスタルミルト ゲイブラーシュプリューゲン峠ジャンニ・スキッキロコモティブ症候群シャルパンティエコモ(イタリア)コモのドゥオーモヴィラ・デステチェルノッビオスフォルツァ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コモの関連情報