コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリントス

百科事典マイペディアの解説

コリントス

ギリシア南部,ペロポネソス半島北東端の地峡部,コリントス湾奥に位置する港市。工業および商業,特に干しブドウ取引の中心。前8世紀ごろから海陸の交通の要地として繁栄し,前6世紀にアテナイ,スパルタと並ぶ有力なポリスとなり,コリントス戦争コリントス同盟で知られる。
→関連項目アクロポリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリントス【Kórinthos】

ギリシア南部,ペロポネソス半島の基部にある町で,コリンティア県の県都。人口2万8000(1982)。コリントCorinthともいう。野菜,果物類,オリーブ油ブドウ酒,干しブドウ,絹織物などを産する。コリントス湾にはレカイオン港を擁してイオニア海シチリア方面と連絡し,サロニカ湾にはケンキレアイ港を配してエーゲ海方面に連なる東西海上交通の要衝であったため,古くから商業都市として栄えた。また背後に天然の要害アクロ・コリントスを有していたので,戦略地点としても重要視されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリントス

コリンソス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリントス
こりんとす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例