コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルサコフ症候群 コルサコフしょうこうぐんKorsahov's syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルサコフ症候群
コルサコフしょうこうぐん
Korsahov's syndrome

健忘症候群ともいう。失見当識,記銘力障害,健忘,作話を主症状とする。慢性アルコール中毒頭部外傷,一酸化炭素中毒などでみられる。ロシアの精神科医 S.コルサコフが 1887年,慢性アルコール中毒の際に多発性神経炎とともに出現するこれらの症状を示す症例を初めて記載した。中毒性精神病に属するものに限ってコルサコフ病と呼ぶこともあるが,現在では次第にコルサコフ症候群という用語に統一されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

コルサコフ症候群

 健忘症候群とほぼ同じ意味に使われる言葉で,慢性アルコール中毒,頭部外傷,老年痴呆脳腫瘍などにともなってみられる症候群.記憶力の障害,もの忘れ,作話などの症状を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルサコフしょうこうぐん【コルサコフ症候群 Korsakov syndrome】

健忘症候群とほぼ同義。脳の器質病変により記憶障害作話を主病像とする場合をいう。主症状は(1)高度の記銘力障害(出来事を覚え込めない),(2)失見当識(時,場所,人物の認識不能),(3)逆向健忘(過去に遡及する忘却),(4)作話(記憶欠損をうめるための作り話)である。一見した態度は整っており,意識障害や痴呆はない。精神病理学者コルサコフSergei S.Korsakov(1854‐1900)がモスクワでアルコール中毒や産褥(さんじよく)熱などの栄養障害多発神経炎を伴う本症候群を報告した(1889)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コルサコフしょうこうぐん【コルサコフ症候群】

重い記銘力障害や健忘、時や場所の認識の喪失、作話などの症状。慢性アルコール中毒・頭部外傷・感染症・脳腫瘍・老年性認知症などの患者に見られる。健忘症候群。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルサコフ症候群
こるさこふしょうこうぐん

記銘力の極端な低下を中心とした独特の精神状態で、直前のことも忘れるほどの記銘障害、発病以前のことまで忘れる、いわゆる逆行健忘がみられるが、古い記憶は比較的保たれる。時間や方角など自分を取り巻く環境を正しく把握できなくなる失見当、およびいいかげんな作り話(作話症)も目だつ。アルコール依存症の経過中に、意識混濁と身体の震えをおこす発作(振戦譫妄(せんもう))のあとにみられることが多い。そのほか、頭部外傷、一酸化炭素中毒のあとや、脳軟化、老年痴呆(ちほう)の症状としても現れる。1887年、ロシアの精神病学者コルサコフにより記載された。
 この症状は、脳の一定部位、たとえばホルモンの中枢である視床下部、記憶に関係の深いアンモン角(海馬)などに変化があるときにおこりやすい。大脳皮質の広範な変化でもおこることがある。アルコール依存症の場合は肝障害、多発神経炎などを伴うことが多い。これにはビタミン不足など栄養の不足も関係がある。治療としては、少量の精神安定剤の投与や全身状態を改善するための対症療法が行われる。アルコール依存によるコルサコフ症候群は、一時軽快しても再発しやすい。飲酒をやめなければ、予後は不良である。頭部外傷、一酸化炭素中毒のあとにくるものは、しだいに軽快する。また、脳軟化や老年痴呆にみられるものは、一時軽快することもあるが、予後は不良で、治癒は困難である。[石井 毅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルサコフ症候群の関連キーワードコルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)アルコールによる心の病気老年性認知症封入体脳炎症状精神病健忘症脳軟化感染症喪失

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android